真宮 裕 様 投稿記事

12:00スタート。上げ潮で左から右へ良い感じに流れていました。

しかしアタリのないまま時間が流れます。

予報では風速5mとなっていましたが、何故か無風状態で、すこぶる釣り易いですが、超暑いです。

時々小規模なナブラが発生し始めたので、メタルジグを結びナブラに備えます。

発生しては一瞬で消えるナブラ。何度かその付近にジグを通しますがアタリません。

そのうちに満潮の時刻(13:50)を過ぎ、潮が止まりました。

最後にタコでも狙おうかと、タコやん3.5号パールピンクを結び、沖へ遠投し探りますが釣れません。

また潮が動き始めます。今度は右から左へ、下げ潮です。

最後の最後にもう一度鯛ラバを投げることにしました。

投げ続けていると、フォール中にラインが走ったような気がして、ベールを戻そうとしますが、出続けるラインに弾かれます。もう一度強引にベールを戻し、竿を立て合わせを入れます。巻くと重みはありますが、ただ重いだけで魚らしき生体反応はありません。漂流するゴミでも引っ掛けたのかと巻き続けると、真下に来てようやく魚らしい反応がありました。

抜き上げるとまさかの青物です。

ナブラの犯人もこれだったのかも知れません。