tomryp 様 投稿記事

午後4時半から、タチウオ狙いで南芦屋浜に釣行。

サヨリのボイルがあちこちで起こっており、とりあえずメタルジグでサゴシを狙うことにする。表層を引いてくるとサヨリが掛かり、中層から表層に巻き上げるとフグに食われるので、遠投してタチウオの状況を探る。

小さなアタリはあるものののらず5時半を過ぎたのでワインドに変更。6時から7時の間でのヒットを期待しつつ、ピンク系、ホワイト系のマナティーを投げると引いてくる途中ではっきりしたアタリではないものの感触はあり針はずれが数回。更に、足元で2回のはっきりしたアタリ。
まさか、タチウオではないだろうと思っていたところ、近くで相次いで近距離でヒットの声。こちらは焦るが全く掛かってこない。更に表層でヒットの声。これまで底から中層で狙っていたのをあわてて表層に変更。1投目でヒット。今シーズン初めてのタチウオで、引きも強く抜きあげも重い。

釣れたのは尻尾が無く80㎝切れだったが、F3.5のしっかりしたタチウオで、昨年の釣れ初めのリリースサイズとは状況が全く違う。

ただ、何度かのアタリ、口に掛かったヒットを併せてもマナティーに傷ひとつ無く、ほんとうに食ってきたのかどうか? 帰ってから次回に向けての検証です。