国道42号線 様 投稿記事

身体に沁みる北の風。いつもの穏やかな阿尾はどこへやら?

 御坊ICを降りて窓を開けると、いつもとは違う猛烈な北からの風。ここでこの風…磯ではもっとすごいに違いない!!予想は的中、まともに真正面からの風、状況把握しようと磯に立つも…波もうねりを伴い、いつもの穏やかな阿尾はどこへやら?
 しかしこれからの季節北風をしのげずでは、この地域では竿を出せません(笑)重仕掛けの1号ウキでブッ込むと、潮は沖に走るいい感じの状態で、それはそれは入れるなり早々のイスズミの猛襲。
 風は収まる気配を見せず、魚種も変化を見せず。本日は13時からの釣行、このまま時間だけが過ぎ、17時頃に突然と足元の気配が変わり竿を投じてみると…グーンッ!本命の当り。何者かと思えば、宿敵の口太グレ!夕マヅメに当てるのは久しぶりでしょうか。1.5号相当の竿を使っていますが結構引きます。
 続けて、鋭い当たり!合わせた瞬間に底に持っていく感じがサイズアップの宿敵と言わんばかりの引き。36cmの口太グレでした。この悪状況でこの2枚。渋いですが…まぁ~良しとしましょう(笑)
 私はライフジャケットに半袖というラフスタイルで挑みましたが、北の風、もの凄く身体に沁みました。皆さんもそろそろ衣替えのシーズン、ウインドブレーカ等あれば便利な季節となりましたね。風(風邪)にも気を付けましょう!!
 さぁ!来週は南紀でも久しぶりに攻めましょうか。また釣果アップしますー!