OIDON 様 投稿記事

4月18日(木)東二見の満潮時刻9時の時合いに合わせて釣行したかったのですが、午前中の用事と前日の宮津釣行の疲れもありキス釣査に昼過ぎから東二見白灯台波止に向かいました。

当日の潮時は、底が15時なので、16時過ぎ位から潮が動けばキスが釣れ始めるだろうと予測してましたが、13時頃から波止の根元内側で3投引き釣りを始めましたが、全く反応無く沖向けで探ろうと波止センターへ向かうと置き竿でカレイを狙われているご夫婦が居られOIDONさんですかと声を掛けて頂き何時も釣果情報を見せて頂き助かりますと丁寧な挨拶をして頂きました。

海を見ると全く潮が動いてないので、予測したように15時の底から潮が動き始める時間がポイントと思いました。

のんびりとタックルの準備をして引き釣りを始めると数投でアタリを捉えましたが、先日のようなアタリではなく小型キスのようです。

巻上げると15センチ程度のキスでした。

更に数投引き続けると再度アタリがあり19センチのキスが、釣れました。

この調子なら良型キスも釣れるだろうと引き続けますが、1時間以上アタリが無く時間だけが過ぎて行きます。

暫くしてコッと前アタリがあり本アタリを待つと直ぐに反応があり久しぶりに21センチのキスが釣れました。

潮が少し動き始めたので気合いを入れ直し引き続けるとコッと小さなアタリと共に小型キスが釣れました。

その後は、17時を過ぎても潮が動く事なくアタリもあません。

後半時間程度しか時間がないので少しづつ移動しながら引き続けると少し強いアタリがあり20センチと15センチのキスが続けて釣れました。