薬師☆まろ 様 投稿記事

根魚に癒されたくて、8時頃に和歌山の港に現着。

午前中は青物を狙いたくて、地磯からメタルジグ等を投げるが無反応。

釣れないし風が強くなってきたので、穴釣りへ浮気をする事に。

がしかし、ガシラにも振られて殆どアタリ無し。

正午も過ぎ、まさかのこのまま終わるのか?の悪い予感が過ぎった時、穴釣りの竿をぶち曲げる事件発生!

ドラグガチ締めのリールが巻けず、腰を入れながら薄暗い穴の水面まで何とか上げた魚の魚影は、丸みを帯びた大型ハタ系もしくは小アラの様に見えた。

この重量は貧弱なタックルでは抜けきれないと思い、タモを用意している間に水面で暴れ回られ、5号フロロのハリス切れ。

そんなまさかと思い、気を取り直してもう一度同じ所に投入すると、再びヒット。

次こそはと何とか水面まで上げてタモを用意していたら、またもや4.5号ケプラートハリス切れ。

何とかしてゲット出来ないかと、ケプラートハリスの針二本掛けで再々投入したが、一気に竿を持ち込まれ根に入られ3号ナイロン道糸切れ。

万策尽きた頃にはアタリも遠のき、15時半に納竿としました。

初戦闘で意気込んだのに、初期装備でいきなりラスボスと遭遇し返り討ちにあった感が半端ないですが、次回この港に出向く機会があれば、万全に装備を整えて出陣しようと思いました。