ざぶとん 様 投稿記事

午後3時半頃から7時頃まで、青岸でアジ、ガシラ狙いでの釣行。久しぶりに風がなく、釣りやすいコンディション。波もありませんでした。

先ずは蓋付き水汲みバケツにアミエビを入れ、海に落として解凍させます。その間でブラクリ仕掛けを片手にテトラで穴釣り。一投目から当たりがあり、数回の合わせミスの後にヒット!しかし上がってきたのはでっかいベラ。当たりはあるもののガシラっぽい当たりはなく、仕方ないのでテトラを後にしてアジ狙い。

解凍したアミエビをかごに入れ、足下に落とします。夕方の良い時間帯だと思うのですが当たりはなく、日が暮れどんどん暗くなります。そんな中コンコンコンと、待望の当たりが出ました。引き上げようとするとずっしり重みが伝わり、ゴンゴンと力強い引き。アジでないことを確信し、慎重にやりとりをして上がってきたのはずんぐりした魚体。

18センチのメバルでした。メバル釣りをしない自分が、このサイズを釣ったのは久し振り。その後アジも回遊してきたようで、ポツポツとではありますが小型なアジが釣れました。最大サイズ17センチのアジが3匹。少し不満な結果だったので、もう暫く粘ってみることに。

ブラクリ仕掛けをテトラの目の前の穴に落とします。一発目から、水深1メートルほどの浅場でカンカンと明確な当たりが出ました。難なくヒットし上がってきたのは小さなガシラ。

写真だけ撮ってリリースしました。その後も、手前から沖のテトラまで幅広く探りました。コンスタントに当たりがありますが釣れてくるのは10センチ台前半のリリースサイズばかり。合わせミスが少ないところを見ると活性は高い様子ですが…。その中から何とか持ち帰りサイズを1匹キープし釣り終了。

アジは、上手いこと回遊のタイミングに当たらないと厳しいですね。