しろいたち 様 投稿記事

前日夕方から行きましたが、到着して準備をしていると雲行きがあやしくなり、雷がなりだしたので中断し晩ご飯、日がおちてからのスタートになりましたが、エサの青虫を見てビックリ、キスには、大きすぎる!
 
ま、仕方ないので切って使用すると、しっぽの所では問題なくつれる!
しかし数が伸び悩み終了して仮眠へ。
1時ごろからタチウオ、アジ狙いに変更して再開。
始めてしばらくすると、ウキに反応があるが、なかなか針に掛からない。風もあり、微妙な反応がわかりずらくドングリウキが沈むまで待っているとダメ。
ならば針の号数を9号~5号に変更。
すると何度かの失敗の後ようやくアジをゲット。
 
ウキを潮の流れに乗せて、ウキが止まる、2,3秒まってあわせる!のパターンでつれました。
アジ釣りに夢中になっていると、タチウオ仕掛の竿がガタガタ!!
ウキが無い!ひけひけ!重い重い!久しぶりの重量感
でタチウオをゲット! ??太いけど短いしっぽがない。
2匹を釣ったところで、サイズアップを狙って、ウキ下をプラス1m。
なんどか針外れがあった後、最後にヒットしたのは、少しだけサイズアップしました。
 
夜も明けて明るくなってくると、オセンとフグの大群がいました。えさも無くなったので終了。
明るくなってきた人は遠投サビキで同じぐらいのサイズのアジをゲットしていました。