たきれん 様 投稿記事

今回は渡船初体験で沖堤防も初めてとなる釣行となります。

朝は駐車場の解放待ちで車がとんでもない長い列を作ってました。(ナビ推定で800m)

渡船受付もエラい行列でして、途中から外側の定員が埋まってしまい、内側でしか釣りが出来ないかもしれませんとアナウンスがあり。一部の方は帰られたようです( ̄▽ ̄;)

並ぶに並びようやく6番にて釣り座を構えてタチウオと青物狙いでメタルジグを投げ続けますが、全く反応がなく、隣では2人組で片やサビキ、片やタチウオ狙い。途中から釣れたアジでノマセ釣りをやっていましたが、サビキでアジやサバは結構な数が釣れていたので、ライトタックルにてなんちゃってジグサビキを作って手前で底まで沈めるとアジが2匹釣れました。

その後ちょっと沖に投げたらその瞬間にサバの群れがなだれ込み、1匹だけゲット。ちょっと調子に乗ってその次の回遊に投げたら3つの針全てにサバが掛かり、仕掛けごと持ってかれて終了(苦笑)欲はかかない方が良いのでしょうか?

午後から6番にてイベントのため貸切となるとの事で昼ごはんを早めに食べてから移動。隣の5番エリアまで歩きます。

とりあえず釣り座が確保出来たので、一旦昼寝。昨夜もろくに寝れてなかったので小一時間仮眠。風が吹いてはいたので日差しが暑くとも何とか過ごせました。

そこからは投げたり休んだりを繰り返し、夕方からのワインドの準備だけやってゆっくりとしてました。

お隣さんをチラ見すると、格闘中だったので何がきてますか?と聞くとエイだとのことで様子を見てましたが、途中で浮上してきて「カメだ!」と修正( ̄▽ ̄;)

アカウミガメ全長1m以上あり、ルアーが左前脚に引っかかっておりましたが、外れる気配もなく、お隣りさんも考えあぐねてましたが、ラインを切ると判断したので手伝いました。

波止から低ければルアーごと外す事も出来たかも知れませんが高さはゆうに3〜4mあるので手を伸ばしてなんとかリーダーの付け根でカット。もう一回息継ぎをした後に海に帰って行きました。

しかしそのカメ、よく見ると口にも大きなフックがかかっていたので常習犯??なのではとお隣さんと一緒に笑いながら推測していましたが、少し後にお隣さんが再度そのカメが息継ぎしているのを確認(苦笑)

そのまた隣の方のルアーに引っかかっていたので、この辺りを寝ぐらにしてる模様です。皆さまご注意下さい⁉︎

・・・暗くなる前にゼブラパープルのメタルジグに切り替えて投げていると、ボトムから中層にかけて高速でしゃくり上げている途中でF3サイズのタチウオが掛かりました。

その後から反対側のお隣さんもたて続けてワインドで釣れていました。しばらくメタルジグに反応が無くなったので自分もワインドに変更。ボトムからシャクリあげる途中で当たるも掛けられず。

色々手を変え品を変えやりますが、まさかと思って元のゼブラパープルに変えるとスレながら2匹追加。真っ暗になり、潮止まりの時間と共にアタリが全くなくなったので19時の便にて上がりました。

ブリが久々に上がったと渡船屋さんが話していました。メジロも数本上がったらしく写真を撮っていました。午前中より夕方からの方が釣果が出ていた模様です。