フィッシングマックス 和歌山インター店 様 投稿記事

3日前になりますが、【7月16日】午後7時より、
再び【雑賀崎漁港内向き】へ【カマス調査】をしてきました。
 
今回も狙い方は【電気ウキ釣り】です♪
タナはウキからハリまで1ヒロ半に設定し、エサのキビナゴは半分に切って、縫い刺しです。
仕掛けを竿1本先へ投入し、アタリを待ちます。
 
この日は午後7時半から群れが急に回遊して来まして、
終了時刻の午後10時までに【20~27㎝】までのカマスを【13匹】ゲットできました。
 
カマスは時合いが短い為、この日は午後8時からの30分間が勝負時でした!
 
今回は「撒きえさ」として、キビナゴとサンマの切り身を上撒きすると、
カマスの群れを足止めできたようにに感じました♪
 
ここ最近、和歌山市内の各波止で夕方~夜にかけてカマス釣りが面白いです!
初めての方でも「電気ウキ釣り」で簡単に狙えます!
 
☆★☆カマス狙いにおすすめのセット仕掛けのご紹介です☆★☆
 
富士灯器の【爆釣・セイゴ(ハネ)夜釣り仕掛けセット】TYPE(L)は、
ウキからハリまで全てセットになっていまして、リチウム電池も付属していますので、
大変便利で、お買い得です♪
初めてのご釣行の際は、一度お試し下さいませ。
 
【参考タックル】
竿:磯竿1号前後 4m~5m ※のべ竿でもOK
リール:スピニングリール2000番前後
道糸:ナイロン3号
ウキ:電気ウキ 0.8号~B
ハリス:フロロ3号
ハリ:カマスバリ15号前後
ケミホタル37mm
 
【付けエサ】
キビナゴ各種カラー
サンマの切り身
 
スタッフ 寺村 お問い合わせ 073-473-5858
 
つれたカマスは開きにして、天ぷらにして美味しく頂きました。