フィッシングマックス和歌山インター店 様 投稿記事

【7月11日】
午後7時より【田ノ浦漁港内向き】へ【カマス調査】をしてきました。
前回、雑賀崎でカマスが釣れましたので田ノ浦でも回遊しているか調査してみました。
今回も狙い方は【電気ウキ釣り】です♪
 
タナはウキからハリまで1ヒロに設定し、エサのキビナゴは半分に切って、縫い刺しです。
仕掛けを竿1本先へ投入し、アタリを待ちます。
最初の30分はアタリがなく、退屈でしたが、群れが急に回遊して来て、
1匹釣れてからは1投ごとにウキが消し込み、午後8時頃に「入れ掛かり」状態と
なりました♪
 
カマスは時合いが短いので、この日は40分間ほどでパタッとアタリが無くなりました。
釣果は【18~25cm】までのカマスを【19匹】と小サバ1匹をキャッチできたところで、午後9時半に調査終了としました。
現在、雑賀崎に続き「田ノ浦」でもカマスが「イイ感じ」です!
日中は暑いですが、夕方~夜にかけては涼しく快適に釣りが楽しめます♪
のんびりと電気ウキを眺めながら、カマス狙いはいかがでしょうか。
明日からの3連休の釣りにおすすめですよ~♪
 
和歌山インター店では、【カマスコーナー】を展開中です!
紀北のカマス狙いに最適な仕掛けを揃えておりますので、
ご釣行の際は一度ご覧下さいませ。
 
【参考タックル】
竿:磯竿1号前後 4m~5m ※のべ竿でもOK
リール:スピニングリール2000番前後
道糸:ナイロン3号
ウキ:電気ウキ 0.8号~B
ハリス:フロロ3号
ハリ:カマスバリ15号前後
ケミホタル37mm
【付けエサ】
キビナゴ各種カラー
サンマの切り身
スタッフ 寺村 お問い合わせ 073-473-5858
つれたカマスは開きにして、塩焼きで美味しく頂けます♪