フィッシングマックス 神戸ハーバー店 様 投稿記事

2日、スタッフ武内と須磨のヨットハーバー横の防波堤へ行ってきました。
私はサビキ釣りで小アジ狙い、スタッフ武内はタコエギを使いタコ狙いで挑みました。
 
AM9:00現地到着、今回使用した仕掛けはオリジナル「ピンクスキン3号」を使用しました。小アジサイズですと3号までを使用した方が釣果UPの秘訣に繋がります。
 
第1投目、仕掛けを入れた瞬間にラインが走ります。正体は15cm程の小サバでした。周りの方達も小サバがたくさん釣れています。本日のアジの群れが小さかったのか、中層でポツポツ釣れる程度で、1時間程で12cm程の小アジが20匹ぐらいの釣果でした。
他には、カタクチイワシに小型のメバルとサビキに色々な魚種が姿を見せてくれました。
 
一方、スタッフ武内は、一生懸命タコエギをキャストしタコを求めています。しかし、竿を見てみると、メバリングロッドを使用しています。大タコが喰いついたらどうするつもりなのかと思いながら、見ていると・・・。
 
いきなり鬼アワセしました。やわらかいロッドがかなり曲がっています。根がかりかなっと思っていると、武内は「ゆっくり上がってくる」と連呼しています。まさかの大タコ!?
が竿がやらかすぎる為、リールが巻けません、そこで武内は竿を置いてラインを手でたぐり寄せてきていますが、10m程たぐりよせた所で外れてしまいました。
 
エギロッドでも使っていればGET出来たのに、本当にもったいないです。しかし、ヨットハーバー横の防波堤はタコの多い釣り場という事は確認出来ました。先月もスタッフがこの釣り場でタコをGETしています。
その時に使用していた仕掛けはササメ「タコエギジャック」です。エギの背中にエサを巻き付ける事が出来るエギです。背中には脂身を巻くのがオススメです。
 
当店にはタコ釣りに詳しいスタッフが沢山揃っております。皆様のご来店お待ちしております。
 
スタッフ 岸本