フィッシングマックス和歌山インター店 様 投稿記事

25日に泉大津店スタッフ2名と和歌山インター店の4名合同で
釣堀堅田に行って来ました!
早朝は雲行きが怪しく、雨も心配されましたが絶好の釣り日和となりました!
7時の開始のゴングが鳴り響き、釣りがスタート!
少しすると早い段階で、キワの辺りに仕掛けを投入していたみんなの竿が曲がり始めました。
 
最初にきたのはマダイ!
和歌山店の女性スタッフ2名スタッフ片山・スタッフ可部も連続ヒットし、
気分は上々!!
エサは釣堀ダンゴでした!特に黄色にヒットしていました!
タナは最初底付近でしたが、徐々に上でもヒットしていました!
女性陣は釣堀に詳しいスタッフから仕掛けやエサの付け方、仕掛けの投入の仕方、
エサのローテーション等を教わり、すぐ実践していました!
それからは女性陣も男性陣にも負けない程、魚を釣り上げていました!
今回、女性陣にはメーカーで試作品段階のプロトウキを使用してもらいました!
 
近日販売予定のこの棒ウキですが、実際女性陣も使用してみて
女性にもアタリが取りやすく、非常に扱いやすい商品とのことでした!
さて、真鯛に続いて釣れ始めたのはシマアジ!
このシマアジが釣り開始から2時間後ぐらいに続々ヒット!
シマアジだんごやシラサエビでよく当たっていました!
10時~11時ごろからは青物の放流もあって、真ん中に仕掛けを放り投げ、
底のあたりで豆アジを泳がせていました。
 
すると、私の竿が勢いよく曲がり青物がヒットしました!竿を立てリールを巻いての動作を
繰り返し行っていると青物も水面に顔を覗かせるのですが、捕まるまいとタフに泳ぎ回り
なかなか上げることが出来ません。
長いこと青物を泳がせながらやりとりし、やっとの思いで取り込んでいると、
今度はスタッフ重里・スタッフ東方・スタッフ児玉にも青物が立て続けにヒット!
そしてついに女性スタッフ2人組にも底で青物がヒットし、
必死に堪えながら青物と大格闘!
 
タモを出し、何とか取り込むと大興奮気味に喜んでおりました^^
今回は豆アジの泳がせノマセでハマチ&カンパチがよく来ましたが、
今回釣った青物の何匹かは魚かしの「イワシQ」をルアーのように泳がてヒットさせていました!
そして気になる今回の釣果はスタッフ6名全体でハマチ6尾、
カンパチ3尾、シマアジ13尾、真鯛20尾の好釣果でしたd^^
釣堀はその日のヒット餌を探り魚がいるタナを探るのが大変ですが、
それもまたおもしろく、それが釣堀の醍醐味なんだなと感じました★
また、私達の入っていたイケス以外にも女性のお客様が何人かいらっしゃいました!
女性でも楽しめる釣り堀!
皆様もぜひ1度釣堀に行かれてみてはいかがでしょうか!
 
使用餌
シラサエビ大、青イソメ、豆アジ、岩ガ二
マックスオリジナル「釣れる!海上釣堀専用ダンゴ」
マックスオリジナル「スーパーしまあじ」
マックスオリジナル「冷凍ガツオ」など
 
使用竿
ダイワ「クラブ・ブルーキャビン」シリーズ
シマノ「ボーダレス」シリーズ
プロックス「BX-T攻技 海上釣堀」シリーズ
 
使用リール
ダイワ「フリームス2500」
 
お問い合わせ;釣堀堅田さん「0739-43-6990」「090-2386-3716」
和歌山インター店スタッフ島田 お問い合わせ:073-473-5858