タコやん 様 投稿記事

朝2時間と夜2時間の釣行。
 
朝4~6時までポイントC.Dでエギング。
コウイカは最近では朝は底についてるみたいで、3.5号の餌木に5cm程6gのシンカーを垂らし、二段しゃくり→着底→30~50cmスライドの繰り返しで、少しでも重さを感じたら、大きく合わせる。
この繰り返しで、満潮前後1時間に最低1杯は釣れてます。
ノリが悪い時はパタパタフットなど波動系の餌木を使いますが、100円の餌木でも、横抱きで掛かりが浅いですが、同様の仕掛けで釣れます。
 
スライド中にタコ特有のヌメっとしたバイトがある時はツンっツンと軽くアクションを加え2秒程待ってから思いっきり合わせると、イカのカンナでも、口元に掛かって楽にランディングできます。
 
魚邪キビナゴリアルはキャストフォール中に太刀魚らしきバイトが2回あり深い傷をおいました。
リアルって恐いです。
以前も40cm位のハネが掛かって楽しませて頂きました。
あっさりジャンプで弾かれてバラしましたが、マズ目どきはいろんなバイトがあり楽しいです。
 
調子にのって仕事帰りもユウマズメに訪れました。
イカを狙いたかったのですが、爆風と人の多く断念し、イワシをエサように確保しようとサビキをちょい投げし、2回程、上下にサビクと3~5連で15cm級が連チャンでついてきて1時間で200匹を越え晩ごはん用になりました。
 
隣の常連さんは12本針で、ほとんど全部に掛けていて、バケツ2杯に4~500匹程釣られていました。
 
風裏を求めて、運河に移動し、イワシを泳がせていると、イカではなく、最低噂の太刀魚指3本級が掛かってました。
 
その後、餌木も30分程投げたのですが、アタリもなく、イワシの処理を考えて、早めに帰宅となりました。