フィッシングマックス 和歌山インター店 様 投稿記事

【6月4日】
午後8時より水軒川河口へナイトチヌゲームに行って来ました。
 
チヌゲームというと、【チニング】などのルアーフィッシングが主流ですが、
今回は【ジグヘッド】+【活きエサ】のコンビでエサ釣りとルアーを融合させて
調査してみました♪
 
最初のポイントは水軒川河口の橋下からスタートフィッシング♪
 
ジグヘッドはエゴギアの【シラスヘッド3/64oz(1,3g)】を使用し、
それに装着するのは活きエサの【青イソメ】と【岩ガ二】を2種類です。
 
まず、青イソメを付けキャストして底を取り、ゆっくりズル引くと、
かけ上がりの手前で「コツン」とチヌらしいアタリが!
 
しかし、上手くフッキング出来ません・・・
 
今度は岸壁際にキャストし、着水後フリーフォールさせてやるとラインが止まりました♪
即アワセを入れると・・・ 乗りました!!
 
ロッドはアズーロ【バルメ706UL】でしたので、じっくりやり取りを楽しみ
上がってきたのは35cmの真チヌでした☆
 
その後、私の友人も合流し、来るなり2,3投目で同サイズをゲット!
エサは【岩ガ二】で釣れたそうです。
 
1匹づつキャッチできたところで、気配が無くなったので、少しポイントを休ませ、
午後10時過ぎに20cm級の【キビレ】を釣り上げた時点で完全に潮が下げ止まった
為ストップフィッシングとしました。
 
この「ジグヘッド」に「活きエサ」のコンビは釣れます!
青イソメの場合はキャストして底ズル引き。岩ガ二の場合は岸壁際へ落とし込むだけで
好反応でした!
 
エサ釣りからルアーにチャレンジしたい方にもオススメの釣り方ですので、
ぜひ一度体験してみて下さいね♪
短時間でお手軽に楽しめますよ~!
 
【参考タックル】
ロッド:【アズーロ】ボンボンマックスJr.762
          バルメ706ULなど ※柔らかいメバリングロッドなどが最適!
 
リール:スピニングリール2000番前後
ライン:PE0.5~0.8号
リーダー:フロロ1.5~2号前後
ジグヘッド:チヌボンボンまたはメバル用ジグヘッド
エサ:青イソメor赤イソメ
   岩ガ二
 
スタッフ 寺村 お問い合わせ 073-473-5858