フィッシングマックス泉大津店 様 投稿記事

昨日22日先週に続いて岸和田沖一文字へキス狙い
山田渡船さんの情報では「沖の北」での情報ばかりなので
今回は7時半の渡船で「沖のカーブ」に渡って試してみました
エギングロッドにPE0.8号、フロロ2.5号を約1mの先に
ハヤブサ「立つ天秤スマッシュ7号」、「ライトショット投げキススパーク8号」
 
そして、石ゴカイをつけて約50m付近に投入
着底してしばらく待ってアタリがなければ少しリールを巻いて探ります
しかしブルブルと来るのは10cm前後のかわいらしいガッチョ
針を飲み込んでいないものはリリースを繰り返します
 
このポイントでは釣れないのかと先に「沖の北」で
投げ釣りをしている小野店長を目指して探りながら進んでいきます
しかし、残念ながらアタリがあるのは相変わらず小さなガッチョ
そして元のカーブへ戻って捨石の際まで探ってくると
今までと違ったアタリできたのはアブシン
 
10時半ごろこのままキスの釣果なしかとあきらめかけて仕掛を投入
着底してしばらくすると竿先をひったくるような大きなアタリ!!
でようやく本命の20cmクラスの良型キス
時合いがきたのか、うまく群れにアタッたのか5投連続で同型のキスを追加
アタリが止まると少し投入点を変えたり、手前に探ってお昼までになんとか2ケタ釣果
そして、小さいながらホウボウのオマケも(サイズが小さかったのでリリース)
 
本格的な投げ釣りタックルを使って遠投しなくても良型のキスが釣れます「沖一文字」
これからまだまだ数も釣れるようになると思われます
ぜひ、20cmオーバーのキスの大きなアタリを体感してみてください!!
 スタッフ 岡田  お問い合わせ 0725-22-5151