タチウオを釣って釣って釣りまくるための最終ウエポン がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスターモニター投稿 | カンパリプラス

掲載日: 2018/09/08

タチウオを釣って釣って釣りまくるための最終ウエポン がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスターモニター投稿

ラグゼ到着!待望のがまかつモニター商品 nifuran様よりモニターレポート

この秋、タチウオを釣って釣って釣りまくるための最終ウエポンとまで自分が豪語してしまう、ワインドマスタースマートミノー5種類のカラーバリエーション。
♯01 夜光ミックスラメ
♯08ケイムラクリアパールラメ
♯10夜光ラメ
♯12キビナゴレッド
♯ケイムラパープルミックスラメ

がまかつワインドマスター

ジグヘッド
ワインドマスターラウンド Dヘッド 10g シルバー 2P
ワインドマスターラウンド Dヘッド 10g 夜光 2P

これが今回のモニターの仕様になっています。

がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスタースマートミノーに関して

全体にいつも自分が使っている物より若干小振りだと印象を感じさせる。
また、中肉で張りのあるボディーとプルプルと小気味よく震えるテールの部分が小振り感を打ち消すほどのアピール力を想像させる。
普段からピンテールとシャッドテールをその日の状況に合わせて使い分けをしているが、テールの動きからタチウオの好みの波動を発生させて、口を使わせる。
印象的なフォルムが釣れるイメージを沸き立たせる。
スマートなボディを水中でダートさせた時の感触が楽しみである。
カラーバリエーションについてはいつもピンク系の蛍光ばかり使っているので、特徴としてラメの使い方もどういう反応をするのか楽しみである。

がまかつワインドマスター

とりあえずジグヘッドにセットしようと手に取ったのは 夜光ミックラメとケイムラパープルミックスラメでした。
インスピレーションと興味の湧いたカラーとしていつもはこんな色と敬遠するか若しくは手には絶対取らないカラーをチョイスして見ました。
パープルの魅惑的な色合いがフィールドでの状況においてはどう結果が出るかが楽しみです。

がまかつ(Gamakatsu) ワーム ワインドマスター スマートミノー
がまかつ(Gamakatsu) ワーム ワインドマスター スマートミノー
「スローワインド」をコンセプトとし、軽い力でのダートはもちろん、フォール、ただ巻きといったさまざまなテクニックに対応します。
Amazonで購入

がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスターラウンド Dヘッドについて

モニター商品が届く日に限って、いつもの釣り具ショップに寄り道していた。
がまかつのブースで実釣する動画が流れている。いつもは弾丸のような先の尖っているジグヘッドや魚の頭のジグヘッドを使っている。しかし、このようなラウンドヘッドのジグはとても新鮮でスナップを取り付ける場所のスリットがスムーズに水流を逃し、ダートをキビキビとした動きにさせると想像できる。しかし、いつもは21g、28gのジグヘッドを使って飛距離と底どりを手返しよくしているつもりですが、10gだけの1種類ではちょっと飛距離や底を取る際の感覚など不安要素としてはあるが、夜光とシルバーの色合いをどう使い分けるかミソだと思います。
セット全体を見て、今は普通のワインドとしかイメージが強く、ラウンドヘッドとスマートミノーの相性は如何なものか、楽しみである。

試しに今度の実釣の為にセットしてみました。2つあるスリットがジグヘッドの挿入部がどちらにも入ってしまうので、説明を見ているがワーム上下がわかりずらくちょっと手間取った。もう一つの穴には、買っているがあまり使っていない、夜光を入れることができるので、アピール力アップして使ってみたい。
あと、最近のタチウオはなかなか小さいのが多く、釣れても指2本!っていうこともあり、アシストフックを付けるか付けないかは釣果にどう出るか、試してみると考えています。

がまかつワインドマスター

がまかつワインドマスター

がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスター 8/31 18:00 実釣開始

場所:円月島前波止
時間:18:00 ~19:30
潮 :小潮

がまかつワインドマスター

台風の影響で波はやや高め うねりもあり。
振りかぶり、キャストすると以外と距離が稼げる。
60mほど飛んでいく。底を取る為にカウントダウン、しっかりと底が取れる。潮が止まっているのかあまり潮をかむ感じはしない。アタリもないまま、ひたすらキャストするが20時には納竿とする。

がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスター 実釣 2日目 9/1 15:00~18:00

場所:水軒
時間:15:00~18:00
潮:小潮
北西の風が強く吹くが天気は良く汗ばむ程度、他の釣り人多め場所がまばらに空いている程度 ルアー釣りされる方 サビキ釣りなど思い思いの釣りを楽しんでいる。
ラウンドヘッドにキビナゴレッドやケイムラパープルミックスラメなどローテーションさせるがアタリなく戦意喪失気味になる。周りもタチウオが釣り上がっているのもなく、気分転換の為にいつも使っている、シャッドテール28gのジグヘッドに交換する。
底を取りながらワインドをし、底を意識しながらアタリを待つ。
17:30頃やっとアタリがあり指2本のタチウオがゴミと一緒に上がってくる。
魚のいることを確認して再度ラグゼのラウンドヘッドと夜光ラメをセッティングしてがまかつのワインドアシストフックをセットして何度かキャストするが、アタリもなく納竿としました。

がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスター 実釣 3日目 9/3 18:00~19:30

場所:水軒
時間:18:00 ~19:30
潮:小潮
台風21号の影響少なくなんとか釣りができる状況、釣り場に着くと5m間隔で釣り人がいる。
みんなこんな日に好きですね~と感心しながらも、いつもの場所近くに陣取る。
今日こそはという意気込みで、ラウンドヘッドと夜光ミックラメを開始から投げまくる。
日が傾きかけた18:20頃周りでポツポツとワインドで釣れている。
細いタチウオが上がっている。
自分も60~70mほどキャストしゆっくりと底を取り、手前近くになった頃ジワっと抑え込むようなアタリがあり、合わせることもなくただ巻きで回収すると、銀色の魚体が上がってくる。

がまかつワインドマスター

釣り味はさほど感じなかったがラグゼでの初めてのタチウオが釣れる。
しっかり底を取り、ゆっくりと食べる間を与えながらなんとか釣り上がってくれました。
がまかつワインドマスター

がまかつワインドマスター

がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスター 10gながら飛距離が稼げる

モニターをはじめてなんとか釣れたので中間報告させていただきます。
良い点は、10gのジグヘッドながら、スマートミノーにもしっかりと自重があるのかキャスト時にしっかりウエイトをかけることができるので飛距離が稼げること。
風があってもしっかり飛んでいく反面、投げ方で回転してしまうと飛距離が落ちてしまう状況でした。今の時期のこの小さなタチウオを相手するのなら、必ずアシストフックが必要だろう。
アシストフックもキャスト後ワインドさせていると何度か重くなり確認するとアシストフックにリーダーが引っかかることがあります。
今回のモニターで10gのジグヘッドのみで他の重さのジグヘッドの使用も試してみたいです。
さすがのがまかつのトレブルフックの為に小さな魚であったが、鋭く顎を貫通させているので、ショートバイトでもフッキングすることができると確信しました。
台風過ぎにもう少し大きな魚を釣るために作戦を考えてまた、報告したいと思います。

がまかつ(Gamakatsu) ジグヘッド ワインドマスター ラウンドDヘッド
がまかつ(Gamakatsu) ジグヘッド ワインドマスター ラウンドDヘッド
オリジナルラウンドヘッドデザインが、軽い力で左右のダートアクションと、上下方向の動きをプラスした「スロー3Dダートアクション」を生み出します。
Amazonで購入

がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスター カンパリプラス インプレ一覧

タチウオを釣って釣って釣りまくるための最終ウエポン がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスターモニター投稿

ナチュラルなラウンドヘッドがタチウオの捕食欲を高める! がまかつ(ラグゼ)LUXXEワインドマスターモニター投稿

楽々ワインドアクションがまかつ(ラグゼ)LUXXEワインドマスターで良い釣りを! がまかつ(ラグゼ)LUXXEワインドマスターモニター投稿

和歌浦港波止スローワインドでタチウオ好釣果☆がまかつ(ラグゼ)LUXXEワインドマスターモニター投稿

スローワインドで初タチウオ!がまかつ(ラグゼ)LUXXEワインドマスターモニターレポート

スローワインドはシャクる腕が楽で集中力が切れにくい! がまかつLUXXE(ラグゼ)ワインドマスターモニター投稿