メガバス スラッシュビート オフショアジギングレポート タチウオ専用ジグは青物・マダイにも有効でした | カンパリプラス

掲載日: 2018/11/29

メガバス スラッシュビート オフショアジギングレポート タチウオ専用ジグは青物・マダイにも有効でした

スラッシュビートな気分で ヒコジグ様よりメガバス(Megabass) スラッシュビート(SLASH BEAT)モニターレポート

前回のタチウオジギングでスラッシュビートの特徴や喰わせのタイミングを掴めました。

更にブラッシュアップしたいと思い、今回は日本海で青物と真鯛狙いに挑戦してきました。

Megabassスラッシュビートバックスライダー

今回、舞鶴の魁王丸さんにお世話になります。
ポイントは舞鶴沖80m~90mの根やブレイクを攻めます。

ジグはスラッシュビートバックスライダー180gピンク&ゼブラグロー!
今回はこの2色のみ!

Megabassスラッシュビートバックスライダー
Megabassスラッシュビートバックスライダー

ロッドはタカミテクノスMOZ622LZにリールはキャプチャー30!
バックスライダーのアクションを引き出すには、これがベストなタックルだと考えました。

バックスライダーは他魚種にも問題なく通用します!

朝イチ、まずは青物を狙ってみたい。
青物狙いは、底から10mまでワンピッチでしゃくり上げ、更に10mの上げはティップの送り込みを意識してバックスライドで誘うパターン!
これを繰り返し、丹念に底から30mまで誘いあげていくと、早速きたっ!

Megabassスラッシュビートバックスライダー

良いサイズのサワラゲット!
更に同パターンで誘い続けると、またまたサワラゲット!

Megabassスラッシュビートバックスライダー
Megabassスラッシュビートバックスライダー

やはりティップを送り込みバックスライドさせた時にバイトが集中する感じ。

次は鯛を狙う為、これまでと同様ジグが着底した後、底から10m上までを集中して誘っていきます。
アタリがなければ再びジグを落とし込み、同レンジ、アクションで狙います。
スラッシュビートのバックスライドに意識を集中させると、やはり喰った、良型の鯛をゲット。

Megabassスラッシュビートバックスライダー

Megabassスラッシュビートバックスライダー

Megabassスラッシュビートバックスライダー

タチウオ専用ジグだが他魚種にも問題なく通用します。
今回サワラ、マダイの他、レンコダイも釣ることができました。
次回はカラーバリエーションのローテで望みたいと計画中です。

Megabassスラッシュビートバックスライダー