鹿児島県 落とし込み釣り(ヘチ釣り)連載第2回(全6回予定)おすすめ仕掛けとタックル、違いとコツ【ソルト氏連載 vol.2】 | カンパリプラス

掲載日: 2018/08/12

鹿児島県 落とし込み釣り(ヘチ釣り)連載第2回(全6回予定)おすすめ仕掛けとタックル、違いとコツ【ソルト氏連載 vol.2】

第2回.おすすめ仕掛けとタックル、違いとコツ

ヘチ釣りでマダイも狙える

ヘチ釣りでマダイも狙える

ヘチ釣りでマダイも狙える

チヌ狙いで堤防際にカニやイガイなどをつけた仕掛けを落として竿先で当たりをとる釣りを特定の地域ではヘチ釣りと呼びますが、私が住んでいる鹿児島では、ヘチ釣りも落とし込み釣りと呼びマダイも狙える釣りです。

第1回掲載の中で簡単にタックルの違いを書きましたが連載第2回としておすすめ仕掛けと専用タックル、高タックルと代用タックルの違いと使い方のコツを詳しく書きます。

特定の地域以外では、ヘチ釣りも落とし込み釣りと呼びますが、絶対に落とし込み釣り用のロッドとリールを買わないように気を付けてください。

落とし込み釣り用のロッドとリールでは、出した糸分の深さを探る釣りで、深い堤防で底まで探ることが出来ませんので、使い勝手が悪いです。

落とし込み釣り用のロッドはUガイドと言って普通のガイドと違い糸が出ていくようになっていません。リールもタイコリールでヘチ釣り用リールとパッと見はいっしょですが、ドラグがあって、がん玉をつけた仕掛けでは落ちていきにくくて、その分当たりも取りにくいです。

専用ロッドを買うとすれば、ヘチ釣り用のロッドとリールを買ってください。ただし、性能がピンキリで、1万円くらいの入門用ヘチ釣りロッドでは、ガイドの性能が悪くてがん玉3Bとかでも仕掛けが落ちて行かないので全く役に立ちません。リールも有名ブランドでもあまり回らずに仕掛けが落ちて行かないものがありますので買うには注意が必要です。

ヘチ釣りでチヌ

<ロッドについて>

チヌ

お金を気にしないならば3万円以上の黒鯛工房のヘチ釣りロッドか、がまかつの4万円ほどするへちさぐり銀治郎がおすすめです。SICガイドで糸すべりが良く、穂先が細くて感度が良く当たりがとりやすいです。さらにチヌをかけた後は、竿のしなりでチヌの突っ込みをさばきやすく、バッドパワーもあり、大物も海面に上げやすいです。
黒鯛工房 黒鯛師 THEヘチセレクションXT V-スペック285
黒鯛工房 黒鯛師 THEヘチセレクションXT V-スペック285
高感度のチタン穂先が釣果に直結!
amazonで購入

入門用の1万円ほどのヘチ釣りロッドは、ガイドが安いものを使っていて糸抜けが悪く、そのままでは全く使えません。しかし、自分でガイドを交換したり、穂先を自作することが出来るならば安くすみます。(私はチタンティップの穂先を自作して使っています。)

なので、落とし込み釣り(ヘチ釣り)を始めるのにいきなり専用のヘチ釣りロッドを購入するのはおすすめできません。手持ちのルアーロッドなどで代用してヘチ釣りにはまってから自分の釣り方、良く行く堤防の高さや条件などにあわせた専用ロッドを購入することをおすすめします。

マダイ

ただし、ルアーロッドは、ヘチ釣り専用ロッドに比べて穂先が太く感度が悪いのでチヌの微妙な当たりに気づくのが遅れますし、チヌが違和感を感じて餌を吐き出すことが多いので釣れる確率が下がります。

アジングロッドは穂先が細くて感度が良く当たりをとりやすいですが、大物をかけたときにあげるのが難しいので、感度を優先するならばメバリングロッドを使い、大物をあげにくいならばエギングロッドやシーバスロッドもおすすめです。

具体的には、
メバリングロッドならば、シマノ ソアレBB S800LT 長さ2.44m 穂先の太さ1.2mm  約15,000円
安さ優先のロッドならば、シマノ ルアーマチック86ML 長さ2.59m 穂先の太さ1.7mm 約6,000円
がおすすめです。

専用ロッドに比べてガイドが少ないので、風で糸ふけが出やすいですが、現地で糸も素早く通せますしお手軽ですし、50cmクラスの大物でも余裕であげれます。

チヌ

<リールについて>

ロッドと違いリールは代用が全くききません。

専用リールでなく、スピニングリールなどで代用するならば、仕掛けがスムーズに落ちていきにくいので、竿先で当たりをとりづらく、糸を手で出して、海面に余分な糸を浮かべて糸が落ちていくスピードの変化で当たりをとらなくてはいけません。

代用するならば、せめて、ベイトリールのすべりが良いものを使って、がん玉は3B以上じゃないと仕掛けが落ちていきにくいです。

仕掛けが落ちていきにくいと当たりが取りづらいので、スムーズにまわる専用リールのタイコリールをおすすめします。

ヘチ釣り専用のタイコリールは、ドラグがなくスムーズにまわるのが最低限の条件ですが、大手のタイコリールでもあまりまわらずに仕掛けが落ちていかないものもあります。

スムーズにまわるおすすめタイコリールは、お金を気にしないならば、黒鯛工房のヘチ用リールがおすすめです。2万円以上します。

安くてスムーズにまわるものでしたら、プロマリンのタイコリールがおすすめです。海将黒鯛が8,000円ほど、廉価版のバトルフィールド黒鯛が5,000円ほどです。

ただ、製品によってムラがあるので購入したら、回転に問題がないことを確認してください。

PRO MARINE(プロマリン) 海将黒鯛
PRO MARINE(プロマリン) 海将黒鯛
左右両用のマシンカット黒鯛専用モデル。
Amazonで購入

プロマリン(PRO MARINE) リール バトルフィールド黒鯛 BK90NR
プロマリン(PRO MARINE) リール バトルフィールド黒鯛 BK90NR
左右兼用ヘチ、落とし込み専用リール
amazonで購入

<仕掛けについて>

道糸はPEラインをおすすめします。糸ふけが出るとチヌの微妙な当たりが取りづらいので、落とし込み専用のナイロンラインもありますが、それでもPEラインのほうが糸ふけが出にくく、糸すべりも良いので当たりがとりやすいのでおすすめです。ただし、PEラインのデメリットは伸びがないのでチヌの走りのショックを吸収できない。根ずれに弱いです。

なので堤防際の貝などがついていて糸に傷がつきやすい場所をせめる落とし込み釣り(ヘチ釣り)では、フロロカーボンのリーダーをつけることが必須です。

チヌ

マダイ

針は、ふつうのチヌ針だとひねりが入っていて餌のカニやイガイをつけにくいですし、がん玉がはずれやすいので、専用針を使うことをおすすめします。
針のサイズは、カニやイガイといった餌のサイズにあわせないと針がかりが悪くなります。
2号~4号がおすすです。結び方は外掛け結びよりも内掛け結びがチヌの急な走りのショックにも耐えれるのでおすすめです。

がん玉について、チヌ狙いの落とし込み釣り(ヘチ釣り)では、餌を自然に落とさないと食ってこないので、中オモリなどではなくがん玉を使います。定番は3B~1くらいです。安いがん玉は、切れ込みが浅いので、針につけるとがん玉が邪魔で針がかりが悪くなりやすいので、お金を気にしないならば普通のがん玉より高いディープカットのがん玉をおすすめします。
普通のがん玉を使うならば、針のサイズを1サイズ大きくすると針がかりが良くなります。

がん玉は3B~1くらいを使用

仕掛けのまとめ
道糸 PEライン1.2号~2号
リーダー フロロカーボン3号程度
ノット おすすめのオリジナルノットはいつか詳しく書こうと思います。
針 落とし込み針 2号~4号
がん玉 1~3B

以上がおすすめの仕掛けです。

落とし込み釣り(ヘチ釣り)は、ショアなのに50cm以上の大物、場所によっては60cmクラスのマダイやヘダイもかかるので、仕掛けには特に注意が必要です。

針やリーダーを結ぶときは、必ず湿らせてから締めないと大物がかかった時に切れる可能性があります。

落とした仕掛けを回収したら必ずラインの傷を確認する必要があります。せっかく大物をかけてもラインに傷が入っていて切れたのでは悔しすぎるので傷があればすぐにリーダーを変えます。

針先もするどいか確認します。カニやイガイなど固い餌を刺すのですぐに針先が悪くなります。根がかりなどしたら針先がつぶれていることもあります。チヌの口の中は固いので針先の鋭さが重要です。

読んでいただきありがとうございました。

半年 計6回の連載予定となります。

<掲載済み>
第1回.落とし込み釣り、ヘチ釣りの魅力と手軽な始め方
第2回.おすすめ仕掛けとタックル、違いとコツ

<今後の掲載予定>
第3回.餌の違い、おすすめ
第4回.当たりの取り方、合わせ方
第5回.チヌのいなし方
第6回.落とし込み釣りのステップアップ、ガンクロ

今後ともどうぞよろしくお願いします。