アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】 | カンパリプラス

掲載日: 2017/09/19

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

アオリイカ浮き釣り釣行記 第11弾

アオリイカ浮き釣り釣行記、今回は第11回目。
浮きアオリイカ釣りのツノダです。

前回の第10弾で、夏アオリ、ガシラ釣り、小鮎釣り等についてをレポートさせていただきました。

アオリイカ浮き釣り 夏も以外と狙えるんです【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第10弾】

前回のレポートをさせていただいてからは、家族と一緒に遊べる、川遊び(小鮎釣り)、海水浴(泳ぎながら、ブラクリでガシラを見釣り)等を10回ほど楽しみ、夏遊びを満喫。9月、ようやく、夏休みの子どもから解放されたことで、個人的に、最もしたかった浮きアオリイカ釣りにチャレンジできるようになりました。

そこで、9月初旬、京都府北部へゴムボートで出船し、豆アジを活き餌に、今シーズンのアオリ状況を調査。すると、ウキアオリ釣りに、活性高くアオリが反応する。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

シーズン開幕当初にすれば、例年以上の良型の登場に、期待が高まる。その後も良型が連発。
さらに、タコやアコウまで豆アジに反応を示す。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

豆アジを活き餌に使用すれば、アオリイカ、青物(シオやツバス)、根魚(アコウ、ガシラ)、タコ等、何がヒットするか分からない、ワクワク感がたまりません。

アオリイカの浮き釣りとサビキでファミリーフィッシング

アオリイカの浮き釣り、シーズン開幕当初の状況調査では活性高くアオリイカが反応。
そこで、数日後、ご近所さん家族と一緒に、2家族でアオリイカの浮き釣りとサビキでファミリーフィッシングを楽しもうと、京都府伊根町の護岸に向かう。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

まだまだ残暑厳しい時期のため、釣り開始を夕方4時とした。

この釣り場、昨年、四季の釣り撮影をさせていただいた釣り場で、足場良くトイレがあり、家族釣りに最適だ。

サビキで浮きアオリイカ釣りの活き餌に使用する、豆アジ・スズメダイ、チャリコ、グレ等を釣り、アオリや大型魚を狙うプランを考える。
日が暮れだす午後6時すぎまではアジも釣れにくく、アジを追っかけて湾内に入ってくるアオリイカもアジの群れが来るまで釣れないだろうと予想する。

まずは、焦らず、釣り準備。
釣りが初めてのご近所さん 6年生のツキちゃん、4年生のココちゃん、1年生のアっくんの三兄弟。
三兄弟に、竿の持ち方、リールの巻き方等をレクチャー。
浮き、仕掛け、カゴ等がすべてセットされ、道糸に結ぶだけで使える、ささめ針 ウルトラ簡単飛ばしサビキセットを使用。
初めての人が足元でサビキをする場合、どこまで仕掛けを沈めればいいのか分からず、沈め過ぎて、カゴが根掛かりするトラブルが起こる。
そのため、遠投しなくても、ウキが付いているセットを使用し、根掛かりしないような深さにタナをセッティング(底から1,2メートル浮かす)すれば、いくら糸を出しても沈んでいかないため、根掛かりのトラブルが起こらない。
今回、三兄弟が初めてということもあり、飛ばしサビキセットを使用し足元でサビキ釣りを開始。
釣りに慣れている、うちの長女 ななみが少し遠投して、チャリコをゲット。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

うちの次女 あやみも、チャリコをゲット。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

チャリコは、アオリイカの活き餌となるため、アジバケツに入れ、パワーポンプで元気さを保つ。
飛ばしサビキに付いている、仕掛けを、ささめ針ちょい太ハリス0.8号に変更すれば、魚の反応が増し、さらに、歯が鋭い魚に、針元の糸を切られる心配が軽減する。
うちの娘が釣っているのを参考に、三兄弟も徐々に釣りに慣れてきた。
アッくんが、スズメダイを釣り大喜び。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

スズメダイも、アオリイカの活き餌となるため、キープする。
ツキちゃんが、グレを釣り大喜び。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

ココちゃんが、シマダイを釣り大喜び。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

三兄弟が、純粋に釣りを楽しんでいる姿が微笑ましい。子どもは素直。魚を釣ったときの喜ぶ表情を見ていると、嬉しく感じる。
うちの娘も、三兄弟に影響されたのか、いつも以上に釣りを楽しんでいる。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
子どもサビキのタックル図
ささめ針(SASAME) ウルトラ簡単飛ばしサビキセット S S-552
ささめ針(SASAME) ウルトラ簡単飛ばしサビキセット S S-552
amazonで購入
ささめ針(SASAME) S-108ちょい太豆アジハゲ皮0.8
ささめ針(SASAME) S-108ちょい太豆アジハゲ皮0.8
amazonで購入
サンライン 磯スペシャル ビジブルプラス 150m
サンライン 磯スペシャル ビジブルプラス 150m
amazonで購入

アオリイカ狙いの浮き釣りスタート! 子どもが釣った小魚を活き餌に♪

アオリイカ狙いの浮き釣りも夕方が近づくにつれぼちぼちスタートしたい。
子どもたちが釣った小魚がアジバケツにいっぱいとなったところで、大人が小魚を活き餌にメインターゲットのアオリイカを浮き釣りで狙うことに。

アジバケツの中では、豆アジ・スズメダイ、チャリコ、グレが泳いでいる。この中で活き餌に最適なのが、豆アジで、豆アジがなければ、スズメダイ、チャリコである。

まず、アッくんのお父さんにも、簡単に浮きアオリイカ釣りを楽しんでもらおうと、9月末発売の、ささめ針 アオリイカ ウキセットSのサンプル品を使って、アオリイカを狙う。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

この仕掛けもウキ、仕掛け等がすべてセットされているため、道糸に通すだけで簡単に使用できる。アッくんのお父さんのタックルを準備していると、初めに自分用に1本投入していたウキの姿が見えない。

「ええええ???日中、いきなりですか?」半信半疑で自分の竿を手にして、糸ふけをとると、竿先が海中にグーーと食い込み、ジワーとアオリイカらしき重さが浮いてくるのが分かる。その瞬間、竿先を海面から、自身後方へ大きく合わせる。
「のりました!」小イカの可愛らしいジェット噴射で、1号磯竿が大きくしなる。小イカでも1号竿を使用すれば、やり取りが面白い。慎重に足元まで寄せ、躊躇せず、海面から引き上げる。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

子どもたちがサビキで釣った活き餌を使用し釣れたアオリイカのため、子どもたちも大喜び。子どもたちが、これだけ喜んでくれるなら、釣ったかいがある。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

初めてアオリイカを釣ったところを目にした、アッくんのお父さんのテンションが上がる。次は、自分も釣りたいと気合が入る。
お父さんの気合が伝わったのか、お父さんが手にした竿が大きく曲がり、この時期のアオリイカでは考えられないほどのパワーだ。
海面に浮かんできたのは、凄い・・・・

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

シオであった。
お父さんのシオとの格闘が終わり、自分の浮きを確認すると、発見に至らない。あれ?またアオリ?こんなに、日中に連発で当たるかな?と半信半疑で糸ふけをとると、先ほどより、明らかに軽いが、アオリらしい重みを感じる。次の瞬間、大きく合わせる。
「のりました!」小イカの可愛らしいジェット噴射が開始される。
釣った小イカを、あやみに手渡す。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

楽しいときは、時間の経過が早い。気が付くと、もう日暮れ時だ。午後6時を過ぎた頃から、子どもたちのサビキは大忙し。アジの群れが足元に回遊。次から次へと豆アジを釣っていく。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

子どもが豆アジを釣り、大人が豆アジを外す作業のピッチが上がる。私が、子どもが釣った豆アジを外していると、アっくんのお父さんが笑顔で、釣れました~っとアオリイカを持ってきた~ みんなに気付かれないうちに、サクッとアオリイカをゲット。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

再び、私は、子どもたちが釣った豆アジ外しの作業に没頭。
妻の浮きがないことに気付く。妻が竿を手にして大きく合わせる。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

再度、私は、子どもたちが釣った豆アジ外しの作業に従事。
今度は、私の浮きがないことに、七海が気付く。
七海から、パパの浮きないで~っと知らされる。急いで、竿を手にして、糸ふけをとると、今日一番の重みを感じる。これは釣りたいっと気合を入れ、渾身の合わせを入れる。1号磯竿が大きく曲がる。ジェット噴射の感触が面白い。慎重に足元まで寄せて、躊躇せずに、引き上げる。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

アオリイカは日が暮れてから連発! 家族みんなで楽しめた釣行

アオリイカの当たりは、日が暮れてから連発する。予想とおり、アジの群れが足元まで寄ってきたことで、アオリイカの群れも湾内に入ってきたようだ。
次は、アっくんのお父さんの浮きが海中に消し込む。先ほど、釣った要領で、手際よくアオリイカを釣り上げる。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

アッくんが釣った豆アジで、アオリイカを釣ったお父さん。二人とも大喜びだ。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

その後も、アオリイカの当たりが続く。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

午後8時半、まだまだ、アジやアオリイカが釣れ、子どもたちは釣りをもっとやりたいところであったが、楽しみは次回にとっておこうと納竿とした。(納竿の一番の理由は、大人が豆アジ外し作業で疲れがピークに)子どもたちは、元気だ。
釣った大漁の豆アジで子どもたちは、記念撮影。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】

今回、子どもたちがサビキ釣りを楽しみ、子どもたちが釣った豆アジを活き餌に、大人がアオリイカ釣りを楽しむ、家族みんなで楽しめた釣行となった。

この釣り場でも、釣り人が捨てただろうゴミが大量に放置されていた。非常に残念なことだ。ゴミの放置が酷くなれば、釣り禁止になりかねない。現に、釣り人の立ち入りを禁止している漁港もある。最低限、自分の出したゴミは持って帰ってほしい。と切実に願う。

アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
当日のタックル図 イカ
アオリイカの活き餌は子どもたちが釣った豆アジ!【角田裕介氏連載記事浮きアオリイカ釣り 第11弾】
当日のタックル図 ウキセット