ボトムの様子がよく分かるアッパーキャストジグ【がまかつちょい投げ インプレッション】 | カンパリプラス

掲載日: 2020/12/07

ボトムの様子がよく分かるアッパーキャストジグ【がまかつちょい投げ インプレッション】

ボトムの状況を確認しながらキャストすると、かけ上がりを発見。
そこを集中的に攻めるとイシモチがヒットしました。

K様 がまかつちょい投げ モニターレポート

1日目
昼間にキス狙いで海水浴場のある堤防に行くも、風が強く、海も荒れていたため、フグ2匹のみ。

ボトムの様子がよく分かるアッパーキャストジグ【がまかつちょい投げ インプレッション】

2日目
御前崎港で夜釣りでアジ狙いのサビキの傍ら、ぶっ込みで置き竿。
そろそろエサの確認をしようと巻いてみると、小さなイシモチが。アタリもわからなかったので既にご臨終。
場所を変え、吉田港の朝マズメ前に現着したが、かなり寒い。
ボトムの様子がよく分かるアッパーキャストジグ【がまかつちょい投げ インプレッション】

とりあえずスタンバイして釣り始めるも、干潮から上げ始めでしばらくアタリなし。
久しぶりのちょい投げだったので、最初はタックルの使い勝手をみることも含め、何回か超ゆっくり巻きながら、ボトムの状況の確認。
アッパーキャストジグ15gにちょい投げリグキス・ハゼ7号をセットし、エサはジャリメ。
アッパーキャストジグは形状の特長もあり、根掛かりもなく、場所ごとのボトムの違いがかなり分かり易いと思う。
漁港、堤防、砂浜と一ヶ所で異なる環境があるため、試すにはもってこいの場所だった。
少し前の台風の影響もあり、漁港内はゴミが多く、フグの襲撃により針がたびたび無くなるため、堤防から砂浜に向かってキャスト。
ボトムの起伏やテトラなども手に取るようにわかり、かけ上がりをみつけたのでその辺りを集中的に狙い、徐々にアタリが出るようになった。
活性の確認のためジャリメを1匹付けていたが、なかなか針まで食わないため、2本の針に半分ずつ付けたところ待望の1匹目。
ボトムの様子がよく分かるアッパーキャストジグ【がまかつちょい投げ インプレッション】

かなり小さなイシモチが…その後も同じかけ上がりを狙い、少し大きくなったイシモチばかり。
ボトムの様子がよく分かるアッパーキャストジグ【がまかつちょい投げ インプレッション】

おまけでワタリガニも…釣果としてはイシモチ6匹、ワタリガニ2匹の寂しいものだった。
ボトムの様子がよく分かるアッパーキャストジグ【がまかつちょい投げ インプレッション】

がまかつちょい投げ 使ってみた感想

今までちょい投げといえば天秤に3本針のキス用の仕掛けでやっていたが、今回アッパーキャストジグとちょい投げリグは根がかりも少なく、2本針のため仕掛け自体も短く、コンパクト竿やルアー用の短めの竿を使えるため、ファミリーで釣りに行かれる方でも非常に扱い易いと思う。
 

がまかつ アッパーキャストジグ
がまかつ アッパーキャストジグ
底取りしやすく、ジグヘッド感覚で使用できる“ニュースタイル天秤
amazonで購入

 
がまかつ ちょい投げリグ キス・ハゼ
がまかつ ちょい投げリグ キス・ハゼ
“アッパーキャストジグ”“バランスキャスターにベストマッチ!!エギングロッド・コンパクトロッド対応の短寸仕掛!
amazonで購入

 
がまかつ ちょい投げリグ 五目
がまかつ ちょい投げリグ 五目
““アッパーキャストジグ”“バランスキャスター”にベストマッチ!!エギングロッド・コンパクトロッド対応の短寸仕掛!
amazonで購入