モニター製品の実力を感じたライトゲーム釣行【サンライン×ジャングルジム インプレッション】 | カンパリプラス

掲載日: 2020/07/21

モニター製品の実力を感じたライトゲーム釣行【サンライン×ジャングルジム インプレッション】

ライトゲームのつもりが、HITするのは30〜50センチオーバーの魚たち。
果たしてライトなタックルで無事キャッチすることはできたのか!?

KAZUYA様 サンライン×ジャングルジム モニターレポート

モニター製品の実力を感じたライトゲーム釣行【サンライン×ジャングルジム インプレッション】

この度、カンパリ事務局様よりサンラインジャングルジムのフィールドモニターに御選考いただきました。
当方がモニター製品を使用した感想を釣行レポートを記載しますので、釣り初心者の方やこれからモニター製品を購入される方の参考になれば嬉しいです。

サンライン×ジャングルジム 実釣

7/12 AM6:00~AM11:00

干潮から上げでスタート。

当日の天気は曇り時々雨、潮は小潮。
現在、梅雨の真っ只中であることから大量の雨が降り続き、実績のあるサーフや他フィールドが濁りと波の影響を受けている事は容易に判断出来ました。

ですので比較的濁りが入りづらいエリアに絞り、漁港内でのライトゲーム釣行をしてまいりました。
しかし、連日の雨で思っていた以上に濁りが入り、湾内の魚影は薄く期待していた釣果は上がりませんでした…。

午前中で一旦切り上げ、マズメ時間と干潮から満潮へ切り替わる時間のタイミングで別のエリアに入る事にしました。

PM6:30~

そこは灯台と大橋が隣接するエリア。
日が落ちて暗くなると明暗がハッキリと出るポイントです。

いつも通りシーバス狙いで実績ルアーを通すもショートバイト多発で乗らない為、ルアーよりシルエットを小さくし、モニター製品のジャングルジムの「ジュピター」を試してみる事に。

モニター製品の実力を感じたライトゲーム釣行【サンライン×ジャングルジム インプレッション】

魚の活性が低く潮の動きが緩い時間帯は、ジュピター3gのナイトゲームブラックでゆっくりスローに見せて使いました。
ショートバイトもありましたが、まずは小ぶりな30センチ程のシーバスを釣り上げました。
モニター製品の実力を感じたライトゲーム釣行【サンライン×ジャングルジム インプレッション】

PM8:00~

少し反応が無い時間が過ぎ、シーバスの捕食音が微かに聞こえ始め、ここでカラーとグラム数を変更して探ってみる事に。
カラーはレッドゴールド。
アクションは、サブサーフェスを小刻みなトゥイッチを入れながら早めに巻いてくるとすぐに答え返ってきました。
釣れたのは、サイズアップした40センチクラスのシーバスでした。

モニター製品の実力を感じたライトゲーム釣行【サンライン×ジャングルジム インプレッション】

PM11:00~

その後、グラム数とカラーチェンジを繰り返し、潮が止まる前の満潮いっぱいの時間帯で最後のバイト。
手に伝わる感触から更なるサイズアップを期待しましたが、シーバスの引き方とは異なる為、慎重にやり取り。
少し時間をかけて、無事に釣り上げたのは50センチオーバーのキビレ(チヌ)でした。

モニター製品の実力を感じたライトゲーム釣行【サンライン×ジャングルジム インプレッション】

正直、ショックリーダー3lbとPE6lbでよく獲れたな…。と思いましたが、モニター製品の実力が大いに分かった釣行となり、帰路に着きました。

※追記

雨季のナイトウェーディングは急な水の増量や水流が変化しやすい為、場所や状況によっては危険が伴います。
ウェーダーを着ているからと言って、水面が腰の位置を超えると身動きが取りづらくなります。
当然ですが、安全性を考慮しライフジャケット着用の上、有事の際には助けを呼んで貰えるように、複数人での釣行が好ましいです。

モニター製品の実力を感じたライトゲーム釣行【サンライン×ジャングルジム インプレッション】

また、全国各地で大雨や洪水などの影響でフィールドの状況は決して良いとは言えない中、1日を通して各フィールドを探って釣りをする事で、新たな試みと楽しさを感じる釣行となりました。
貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

サンライン×ジャングルジム モニター製品の詳しい使用感

SUNLINE SIGLON PE×8
モニターさせていただきました製品は6lbでした。
強度面に関しては、同社PEラインのsuperPEとHG-PEの中間的な位置付けにあり、8本組のPEラインらしくしなやかで、ガイド絡みや糸鳴りもほとんど無かったです。
また、低価格帯のPEラインを使用した際に見られる染料の色落ちなども非常に少ないため、ストレス無く釣りに集中する事が出来ました。

SUNLINE ソルティメイトスモールゲームリーダーFC II
モニターさせていただいた製品は3lb(0.8号)でした。
私が普段ライトゲームに使用しているリーダーのlb数は魚種や釣行場所より異なりますが、マイクロジグのような超小型ジグを使う場合であれば、ジグの動きを邪魔しない3lb~5lbを使っております。

今回のモニター製品は3lbで普段使うリーダーでは細い方ですが、小型のシーバスから50センチを超えるキビレも取り込む事ができましたので、強度面でも信頼出来ると思いました。
また、ライトゲームでの3g~7g程度のミノープラグやジグの繊細な動きを制限する事もなく、快適な使用感でした。

ジャングルジム ジュピター(3g、5g、7g)
ジュピターの形状は幅の広いボディで、フリーフォールでは木の葉が落ちるようにアピールしてくれます。
今回の釣行ポイントのように水深が浅く、ショートバイトが多発するエリアではフォールスピードがとにかく重要で、すぐに着底してしまうと「喰わせの時間」が取れず、魚が口を使ってくれない、せっかく口を使ってもフッキングしない等の要因にもなります。
(もちろん高活性時には、速いフォールに反応が良い時もあります。)

逆に水深のあるエリアでは、3g、5g、7gと製品バリエーションがありますので、フォールスピードはジグの重さで多少の調整は可能です。
因みにカラーは全6種類で、そのうち3種類にグロー塗装やスポット塗装がされている為、デイゲームでもナイトゲームでも使いやすいですね。
ジュピターは、ライトゲームのみで使うのではなく、状況に合わせて使用する事で様々な釣果を出せるジグだと思います。

SUNLINE SIGLON PE×8
SUNLINE SIGLON PE×8
オールジャンルに向けたコストパフォーマンス8本組PE! !
Amazonで購入

SUNLINE ソルティメイトスモールゲームリーダーFC II
SUNLINE ソルティメイトスモールゲームリーダーFC II
喰わせ重視のソフトフロロカーボンリーダー
Amazonで購入

SUNLINE ジャングルジム ジュピター
SUNLINE ジャングルジム ジュピター
幅広ボディが水を受けヒラヒラスローフォール!
Amazonで購入