青物自己記録大幅更新!【ハヤブサ(Hayabusa)ジャックアイエース インプレッション】 | カンパリプラス

掲載日: 2019/09/19

青物自己記録大幅更新!【ハヤブサ(Hayabusa)ジャックアイエース インプレッション】

沖堤からのショアジギレポート。
朝マズメの時合が終わってからがジャックアイエースの独壇場となりました。

海坊主様より ジャックアイエース モニターレポート

ハヤブサ ジャックアイエース、モニター使用第2戦!
本番の青物狙いに行ってきました。
渡船で深夜0時前後に沖堤防に渡してもらい準備を終え、サビキ釣りで小アジやら小サバで時間潰すものの飽きてきたので夜中3時頃、ジャックアイエース60gを投げ、底まで沈めて中速でタダ巻きしてたらいきなり生命反応。
真っ暗な夜中だけに太刀魚が飛び出すのかと思ったら、30cmほどのツバス登場。

青物自己記録大幅更新!【ハヤブサ(Hayabusa)ジャックアイエース インプレッション】

たまたま目の前を通ったので食いついただけだった様で後は続きませんでしたが、ツバスが夜食を食う事があるっていう事は確認できました。
考えてみれば、夕マズメにエサを捕食出来ずに腹を空かしたまま夜を明かそうとしているツバスが居てもおかしくはないので、目の前を捕食出来そうなエサが通ったから食い付いたっていうのは、全然普通ですね。

夜明け前、ジャックアイエースショアジギ本番。

青物自己記録大幅更新!【ハヤブサ(Hayabusa)ジャックアイエース インプレッション】

朝一の時合は鉄板の方が圧倒的に有利だった様で、ジャックアイエースはかなり苦戦。
それでも色を変え、重さを変え、少しずつ釣果が伸びていきます。
青物自己記録大幅更新!【ハヤブサ(Hayabusa)ジャックアイエース インプレッション】

やはり60gより40gの方が圧倒的に当たりも多く、着水した瞬間に食いついてくる事も。
朝一の時合が終わり、完全に明るくなると今度は鉄板よりメタルジグの方が反応が良くなり、そこからはジャックアイエースの本領発揮。
遠投して低速から高速のタダ巻き、巻きスピード関係なく当たってきます。
もちろん色も全然関係なく当たってきます。
スレ掛かりや口先だけに掛かってる事も多く、着水直後の沖で掛かり手前まで頑張って寄せてきて抜き上げ直前のバラし連発で、精神的にも肉体的にもキツかったですが最終的に30cmから、45cmまでのツバス、ハマチ、合計20匹。
20cmと25cmほどのサバ2匹。
バラし回数は、釣果以上。
青物釣果の自己最高記録を大幅に更新しました。
青物自己記録大幅更新!【ハヤブサ(Hayabusa)ジャックアイエース インプレッション】

いつもはシャクればシャクるほど殺気が伝わり過ぎるのか、周りの人達は大漁なのに自分はボウズっていう事が多く、同じポイント内でも一二を争うほどの釣れないバカなんですが、タダ巻きする事で殺気が抑えられるのかジャックアイエースのモニター釣行、2回連続大漁です。
いつも自分だけ全然釣れないっていう人がジャックアイエースを使うと、「釣れないバカ」の称号を返上して名誉ある「釣りバカ」の称号を手に入れられるかも。
青物自己記録大幅更新!【ハヤブサ(Hayabusa)ジャックアイエース インプレッション】

ジャックアイエース 使ってみて

改めてジャックアイエースの使用感ですが、飛行姿勢の乱れもほぼ無くやっぱり良く飛びます
40gでもかなり飛びました。
リアバランスの割に沈下速度も早すぎないのでフォール中に食う事も多々ありました。
塗装は強いです。
根掛かりや釣れた魚が暴れてかなり傷だらけになりましたが、少し塗装が剥げたら連動してどんどん周りも剥げていくって言う事は無く、かなり丈夫な塗装がされてる感じがしました。

初めてモニターに選んで頂いた時に「釣れないバカ」にならなくて良かったです。
ありがとうございました。

ハヤブサ ジャックアイエース
ハヤブサ ジャックアイエース
ぶっ飛び「リア重心エアロボディ」。
amazonで購入