【アジ&メバル】広島・倉橋島ランガン釣行レポート!【カズ・ハシモト氏連載 vol.7】 | カンパリプラス

掲載日: 2019/08/23

【アジ&メバル】広島・倉橋島ランガン釣行レポート!【カズ・ハシモト氏連載 vol.7】

皆さん、アジング・メバリングやってますか~!カズ・ハシモトです!

メバルは釣れるところでしかつれなくなりましたねー。アジも今年は瀬戸内は個体数が少ないという噂がチラホラ聞こえてきます。

2019年6月、呉市は倉橋島の南岸をランガンしてきました。
状況厳しく貧果でしたが、感じたことを釣り場別にまとめてみたいと思います!

ちなみに釣行は21時~翌1時、22時前満潮の大潮だったので、上げ9分から下げ5分の間でした。

倉橋島 釣り場別 〜桂浜〜

倉橋島の南岸中央に位置する桂浜。東西に常夜灯の無い小規模な波止があり、東の波止の裾にはサーフもあります。

【アジ&メバル】広島・倉橋島ランガン釣行レポート!【カズ・ハシモト氏連載 vol.7】

潮は満潮直前、東側の長い方の波止の先端に陣取り。まずは沖に向けてキャストし潮ヨレを狙います。

波止の付け根は足元に敷石のあるところがありましたが反応が無かったので、メバルに関しては根から捕食に浮いてくる個体は少ないと判断。潮ヨレに集まるブルーとアジを狙いました。

エステル1.4lbに1gのジグ単で15カウント着底。底を探るもチビメバルしか反応なし。アジも反応なし。方々に投げ、カウントを7にして宙層を探るとググッ!中々ナイスな20cm位のメバルをゲット!

【アジ&メバル】広島・倉橋島ランガン釣行レポート!【カズ・ハシモト氏連載 vol.7】

気を良くして同じところに投げるも反応なし(汗)。釣れたメバルも大きさの割に実はあまり引かず、この日は活性が低いのかもと感じました。

次は波止の先端の壁の上に上り、沖に向けてキャスト。こちらでも7カウント位から中層を狙い20cm位のアジをキャッチ!でも、あとが全然続かず。ヒレに切れ込みが沢山あったので回遊性の個体のはずなんですが群れが小さかったのかもしれません。

【アジ&メバル】広島・倉橋島ランガン釣行レポート!【カズ・ハシモト氏連載 vol.7】

この後、アタリはパタリと止み場所を移動。

倉橋島 釣り場別 〜須川〜

【アジ&メバル】広島・倉橋島ランガン釣行レポート!【カズ・ハシモト氏連載 vol.7】

桂浜からひとつ西の波止のある須川。この周辺には常夜灯のある大きな波止が2つと間に船溜りもあります。

見た感じかなり良い雰囲気の波止。写真右側の波止では明るいLED常夜灯と船が作る明暗を丁寧に探るもチビメバばかりでアジは全くアタリなし…

【アジ&メバル】広島・倉橋島ランガン釣行レポート!【カズ・ハシモト氏連載 vol.7】

写真左側の大きな波止は立ち入り禁止のため、付け根の常夜灯を探りました。風向きによってはベイトが寄せられて群も入ってきそうなところでしたが、こちらも全くのノーバイトのため、さらに移動。

倉橋島 釣り場別 〜西宇土〜

【アジ&メバル】広島・倉橋島ランガン釣行レポート!【カズ・ハシモト氏連載 vol.7】

須川からさらに西の波止、西宇土。ここには常夜灯の無い小さな波止がいくつかあります。

ここには初めてきたのですが、写真の右から二つ目の長い波止以外には釣り人が一切おらず。でも、長い波止には投げサビキのおじさんたちがアジをポツポツ釣っていたのでアジ自体はいるようです。

写真の左側の波止からも分かるように水深があまり無く、0.8gのジグ単で丁寧に探るもアタリなし。足元に敷石が入っており良型のカサゴが何匹かヒットしましたが、エステル直結では太刀打ちできずラインブレイク…

アジらしきアタリが全く無く、潮も半分は下げてしまったので納竿としました。

アジングの釣果アップのために

今回は釣り場ありきの調査釣行でしたが、やはりアジングの釣果アップのためには事前の情報収集が大切!

特にアジは居付きの個体を狙うロックフィッシングと違い、基本的に群の回遊を待つ釣りだからです。パターンがハマったら爆釣しますが、テキトーに釣りをしていても中々釣果は上がりません。

今回の釣行も時間がなくて事前の準備がきちんと出来なかったことが悔やまれます。カンパリのような釣果サイトのチェックはもちろん、せめて地元の釣具店に行って最近釣れているスポットと釣れ方(潮の状況とリグ)は最低押さえておきたいところでした。

そして本当はこの事前の情報収集と準備が楽しいんですよね~釣りは(笑)ここであーしようとかこーしようとか、考えたことがパターンにはまった時の喜びはたまりません!

秋のシーズンでの釣果アップのために是非、情報収集から徹底してやってみて下さい!もちろんカンパリへの投稿も~笑!