青物シーズンに使ってみたい、ジャックアイグロッキー 【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】 | カンパリプラス

掲載日: 2019/08/20

青物シーズンに使ってみたい、ジャックアイグロッキー 【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】

ジャックアイグロッキーでのショアジギング。
漁港内に発生したボイルを狙っていくと、カマスが入れ食い状態に!

すけきよ様よりジャックアイグロッキーモニターレポート

8月11日 日曜日 早朝
モニター協力で、送られて来た「ぶっ飛びふらふらスロージグ ジャックアイグロッキー」を携え淡路島の船瀬漁港へ、夜明け前の薄暗い時間帯から釣行に出かけました。
送られて来たジャックアイグロッキーは30グラムと20グラム。
薄暗く、しかし活性は高いであろう時間帯なので、まずはケイムラアカキンから使用する事に。

青物シーズンに使ってみたい、ジャックアイグロッキー 【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】

投げやすく、引いていても絡みにくく、どんどん回転良くキャスティングできる。
トウィッチしてもなかなか絡まない。この使用感は楽チンでした。
また、ふらふらスローにフォールするので、フォール時に結構な当たりがありました。
ここの海は遠浅な為フォールもそこそこに底から探って行きますが、小アジや小サバばかりが掛かるので、中層を中心に探って行きますが、なかなか当たりは無し。

ジャックアイグロッキーをトウィッチを入れながらリトリーブすると

その時、漁港の入口辺りでボイルが見えた為、表層をただ巻きするとチェイスしてきている魚影が?
もう少しスローにやや軽めのトウィッチを入れながらリトリーブすると、直ぐにぶるぶるっと小アジよりもきつめの当たりが!
あがって来たのは、中サイズのカマスです。

青物シーズンに使ってみたい、ジャックアイグロッキー 【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】

カマスの群れが小アジを追っかけているのか?幾つものボイルが比較的広い漁港内に見えています。
日も上がった為、シルバー系のジグに付け替えて底を狙って投げて行くと、ほとんど入れ食い状態で小中様々のサイズのカマスが釣れ続けてました。
青物シーズンに使ってみたい、ジャックアイグロッキー 【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】

沖むきのテトラでもジギングを試しましたが、遠浅が特徴のこの湾にはこの時期青物はあまり入って来ないとの事。
その後しばらく投げるも、海中に突出した岩に引っ掛かり痛恨のロス!
これ以上のロスを避けるため、今回の調査はカマスのみでしたが終了しました。 
また機会があればモニター協力してみたいと思います。
次は青物狙いでシーズン真っ盛りでしてみたいですねー。
ハヤブサ	ジャックアイ グロッキー
ハヤブサ ジャックアイ グロッキー
ぶっ飛びふらふらスロージグ ジャックアイ グロッキー
Ritzで購入