ジャックアイグロッキーは食べごろサイズ!【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】 | カンパリプラス

掲載日: 2019/08/08

ジャックアイグロッキーは食べごろサイズ!【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】

ジャックアイグロッキーでのショアジギングレポートです。
回遊を待ちながらいろんなレンジを探り、ボトム付近でついにヒット!

釣人様 ジャックアイグロッキーモニターレポート

タックルデータ

ロッド
メジャークラフト ソルパラ SPS-1002H

リール
シマノ ナスキー C5000XG

ライン
サンライン CASTEST PE投 1.5号

ルアー
ハヤブサ ジャックアイ グロッキー ケイムラピンキーセクシー 20g

ジャックアイグロッキーは食べごろサイズ!【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】

朝マズメを狙って夜明け前から開始しました。
手始めに30gから投げ始めどこかに魚の気配がないかと広範囲に探っていきました。
表層、宙層、ボトムといろいろなレンジを探っていきますがあいにく魚からのコンタクトは有りませんでした。
周りでサビキ釣りしている方たちがアジなどを釣られていたのでベイトがいることは確認できていました。
後は回遊してくるのをひたすら待ちジグを投げ続けていました。
そうこうしてるとうっすらと明るくなり日が昇りかけた始めた頃に、少しはなれたところでツバスがパタパタと釣れ出したので群れが回って来たと思い、ジグのウェイトを20gに落として少しゆっくり目に誘っていきました。
ボトムからじっくりと大きく誘いフォールの時間を長めに取ってしゃくっていたところで手元にガツンと来るしっかりとしたアタリがありました。
すぐにツバスだとわかりました、軽く追い合わせをして久しぶりの青物の引きを楽しみながらリールを巻いてくると、足元で見えたときにまずまずのサイズだったので抜き上げれるか不安でしたがしっかりフッキングしていたこともあり、無事に抜き上げることができました。

時合いは余り長くありませんでしたのでこの日釣れたツバスは1匹だけでしたけどもシルエット的に食べ頃サイズだったのかなと思います。

ジャックアイグロッキーは食べごろサイズ!【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】

ジャックアイグロッキーは食べごろサイズ!【ハヤブサ(Hayabusa) ジャックアイグロッキー インプレッション】

ジャックアイグロッキーまとめ

このルアーを使ってみた感想ですが、コンパクトサイズで投げやすく手元にしっかり抵抗を感じながら扱えるメタルジグだと思います。
この日はワンピッチジャークでのヒットでしたが、髙活性時などでは、ただ巻等でも試してみたいと思いました。

ハヤブサ	ジャックアイ グロッキー
ハヤブサ ジャックアイ グロッキー
ぶっ飛びふらふらスロージグ ジャックアイ グロッキー
Ritzで購入