うきまろダンシングは連チャンの合図♪ | カンパリプラス

掲載日: 2019/06/08

うきまろダンシングは連チャンの合図♪

陽炎様より がまかつ うきまろ胴突きレポート

こんにちは。和歌山市内を拠点に釣行している陽炎といいます。今回はがまかつ社のうきまろ仕掛けのモニターに選んで頂き、誠にありがとうございました。
また、諸事情により、投稿が遅れてしまい誠に申し訳ありませんでした。

今回、釣行場所に選んだのは「田ノ浦漁港」テレビでも取り上げられている有名な場所で、休日はファミリーなど多くの釣り人がが釣りを楽しんでいらっしゃいます。最近では、豆あじの回遊が田ノ浦漁港と隣の雑賀漁港にあるらしく、今回は、田ノ浦漁港にでかけることにしました。理由は、雨が降る前の気候で涼しく、潮加減も良好、食い気のたつ夕まづめをねらうことにしました。
ここの釣り場は、昨年の台風で一時閉鎖されておりましたが、3月頃に普及し、現在ではきれいなトイレが完備されており、ファミリーにはもってこいの釣り場です。また、駐車場代金も一日510円とのんびり釣りを楽しむことができる人気スポットです。
釣り場に到着すると、平日の夕方ということもあり人はまばら。休日は釣り座が取れないくらいの大盛況ですが、本日、現地に到着すると、朝からいたであろう釣り人が帰っていくころでの釣行となりました。

うきまろダンシングは連チャンの合図♪

アジの回遊の中へうきまろ投入

ここの釣り場では、ゴールデンウィークに鰯が爆釣しており、現在は豆あじの回遊が見受けられると言うことで、ウキまろのサビキ仕掛けを試すことにしました。
ウキまろの仕掛けは非常に簡単で、道糸に仕掛けをセットし、網かごをつけて準備完了。釣りはじめまでに1分もかからず釣りを始めることができました。

うきまろダンシングは連チャンの合図♪

夕方の5時からのスタートでしたが、表層に小魚の群れが湧いており、小魚たちは外海へ出て行く気配もなく田ノ浦漁港の桟橋付近を回遊しています。
早速仕掛けを投入すると、すぐさまうきまろのダンシングが始まり、豆あじの連チャンモード。始めてからたった1時間足らずで百匹近くの豆あじをゲットしました。
うきまろダンシングは連チャンの合図♪

小魚の群れの中には、小鯖、真鰯も混じっていますが、豆あじの数が多く、すぐさま仕掛けにヒットしてくるという感じでした。
あまりにも数が多いので、アミエビなく仕掛けだけで釣れるのではないかと思い、仕掛けだけを投入すると、これも連チャンでヒット。おそらく、今回の1号針がベイトとマッチしたらしく、えさがなくても釣れるよい状態で釣りを楽しむことができました。
うきまろダンシングは連チャンの合図♪

さらに、胴突き仕掛けを準備してボイルしたエビ餌でねらいますが、こちらは餌はとられるものの、当たりがとれるほどの釣果をあげることができませんでしたが、また次回に胴突き仕掛けをメインにキスなどをねらってみたいと思います。
うきまろダンシングは連チャンの合図♪

うきまろは遠投してみてもいいかも

今回うきまろを使った感想ですが、足下に落とすだけで釣れる状況であったので、他のサビキとあまり変わらない釣果となりましたが、魚がかかるとうきまろがダンシングして海面をゆらゆらしてくれるので、ゲーム性があるというか、見ていても飽きを感じさせない道具であると実感しました。
また、少し沖に投げてみても魚がヒットしてきたので、手前で釣れないときは、遠投しても十分な釣果が臨める仕掛けだと思います。

お手軽で愛らしいうきまろ仕掛けはファミリーフィッシングに最適な仕掛けだなぁと思います。
引き続き、いろいろな漁港や堤防でチャレンジしていきたいと思います。
今回は、このような機会を与えて頂きありがとうございました。

がまかつ うきまろシリーズ
がまかつ うきまろシリーズ
amazonで購入