海サクラ釣行記〜2月編〜【たっつん氏連載 vol.8】 | カンパリプラス

掲載日: 2019/03/26

海サクラ釣行記〜2月編〜【たっつん氏連載 vol.8】

海サクラのシーズン到来

さてさて、今年も始まりました海サクラ。
今年は話によると早い時期から青森県は当たり年じゃないかってくらい、ショア・オフショア共に好調のようです。

そんな話を聞くともしかするとこちらも、、、と期待に胸を膨らませてしまい、日の出の関係で仕事前、1時間振れれば良い状況の中、今年は2月からフル稼働での調査開始です。

因みに去年も2月から歩っておりましたが、週末のみの釣行でまぐれ!?の1本が出たのみでした。

海サクラ釣行記〜2月編〜【たっつん氏連載 vol.8】
去年の初物
去年の初物

1日1日の釣果報告出来るような結果では無かったので、来年の為のヒントになればと、2月の状況をまとめさせていただきます。

その前に。
海サクラの記事に関しては、年々海サクラ狙いのアングラーが増えており、トラブルなどもチラホラ起きているので、こちらにポイントが分かるような写真を載せてしまうと、更に人数が増える恐れがあり、今まで以上にマナー違反者や、トラブルが増え近隣への迷惑等色々問題が起こる可能性がある為に出来る限り控えさせていただきます。

2019年2月海サクラ釣果報告

まず、魚影の方はと言うと確かに今年は2月の割には濃い状況ではありました。

ただ、朝まずめは中々反応無しの状況でした。

朝はやはり浅場に接岸しているようで、数メートル先の水面でバシャバシャしている個体が多く見られましたが、そこにミノーやら、ジグミノー等を通しても全く反応してくれず、、、、
チェイスすらしてこなかったです。

海サクラ釣行記〜2月編〜【たっつん氏連載 vol.8】

周りも全く同じような状況でダメだ。と言っておりましたので、多分腕が悪いからでは無いのかなと、、、

その内にチラホラと釣れたとの情報が入ってきておりましたが、ほとんどが朝まずめを過ぎて、日が昇って暫く経ってからの日中の時間帯。

朝まずめよりも日中の方が活性は良かったみたいです。

2月終盤、ついに初物

ただ、それも2月も終わりに近づくにつれて、朝まずめでもポツポツとは釣れるように。

2月頭からフル稼働してましたが、苦しんで苦しんで、今年はやっと2月も終わる28日に初物。

海サクラ釣行記〜2月編〜【たっつん氏連載 vol.8】

フロントフックをガッツリと、、

海サクラ釣行記〜2月編〜【たっつん氏連載 vol.8】

サイズは52センチ

海サクラ釣行記〜2月編〜【たっつん氏連載 vol.8】

ヒットルアーはジャクソン アスリート17SSV CKI

まだ日も登り切ってない薄明るい中、自分の数メートル前でパシャっと姿を見せたので、そこをスローに通してちょんちょんとアクション入れたら1発でした(笑)

これくらい簡単にヒットしてくれるとホント面白いです(笑)

その数分後に同じパターンでショートバイト3連続にアワセを入れたら掛かったものの、掛かり所が悪く寄せてきてからフックアウト。

この日だけは何故かヤル気のある個体がそこそこいたみたいです(笑)

2月の感想と海サクラ釣りのポイント

結局2月は、確かにいつも以上に数はいて、今までの2月と比べると釣れていたものの、あの数ならもう少し釣れていてもおかしくないような感じだったと思います。

多分いても活性が低い、それと今年は2月からかなりのアングラーが見えてましたので、早々にスレも入っていたと思います。

ここでワンポイント。

まだシーズン始まって間もなくの早い時期はスローな釣りがハマる可能性が高いです。

見切られるんじゃないか。ってくらいゆっくりミノーを巻いてアクションを入れてやるとヒットするパターンが多い気がします。

しっかりルアーを見せてやる事が重要なのかなと。
アクションもこの時期は控えめな方がオススメです。

ルアーに関してはこれ!っての無いので、ミノーでもジグミノーでもジグでもスプーンでも自分の得意なものを選んで大丈夫かなと。

周りでのヒットルアーもまちまちでしたので、これが正解!ってのは無いと思います。

ただ、スローな釣りをしてる方へ釣れてたような感じではありましたね。

さて、そんな感じで今年も始まった海サクラシーズン。
今年はどれくらい釣れるかワクワクしております。
出だしでつまづいただけに、3月からは爆釣させたいなーと思っておりました(笑)

使用タックル

ロッド・シマノ エクスセンス インフィニティ S906m
リール・シマノ 18ステラ 3000MHG
ライン・シマノ ピットブル8 1.2号
リーダー・シマノ エクスセンス EX5号