サーモン調査捕獲フィッシングレポート in 石川県 手取川【モコ氏連載 vol.4】 | カンパリプラス

掲載日: 2018/12/21

サーモン調査捕獲フィッシングレポート in 石川県 手取川【モコ氏連載 vol.4】

石川県 手取川のサーモン(シロサケ)フィッシングレポート

こんにちは!
前回投稿から期間が空いてしまいましたが、今回はここ数年、11月に楽しみにしている手取川のサーモンフィッシングについてご紹介させていただきます。

今年で3回目の挑戦ですが、何とか毎年釣果は得られています。

サーモン調査捕獲フィッシングレポート in 石川県 手取川

サーモン調査捕獲フィッシングレポート in 石川県 手取川

今年は遡上数が少なく1人1匹釣れてない状況がほとんどで難しそうだと釣行前から不安に思いながらも、11月11日(日)と11月18日(日)に行ってきました。
*事前に応募し許可を得た人だけが調査捕獲として釣りが出来、メスは持って帰れませんがオスは5匹まで持ちかえることが出来ます。
サーモン調査捕獲フィッシングレポート in 石川県 手取川

調査捕獲を行っている場所の中でもここ手取川は、関西方面や中部方面からも比較的アクセスしやすいこともあり、毎年多くの方が来られています。

サーモン調査捕獲実釣

釣果の方は、11日はスプーン+タコベイトやメガバスのアイバイアイシャッドTYPE3を中心に探っていきましたが、アイバイアイシャッドでランディング直前で逃した1匹のみで釣り上げることが出来ませんでした。
カラーはマジックでピンクに塗ったものを使用しました。
サーモンフィッシングでピンクや赤が多く使われますが、周りが釣れていない状況で黒いタコベイトのスプーンが良かったりしました。
やはり色んなバリエーションを持っていると色々な状況に対応出来ると思います。

続く18日の釣行では何とか1匹釣れることが出来ました。
この日も周りも含めて中々釣り難い状況で、ルアーローテーションしていく中で過去2回釣っているメガバスのビッグスプーン ビアンカ+ピンクのタコベイトに待望の1匹が釣れました。

サーモン調査捕獲フィッシングレポート in 石川県 手取川

このルアーはアピール力がいいからなのかわかりませんが、周りが釣れてない中の時間帯で、毎年助けてもらっています。
サーモンフィッシングでもビッグスプーンが1つはあると釣果に差が出ると思いますのでお勧めです。
他の魚ではなかなか味わえない河川でのサーモンの引きを是非楽しまれてみてはいかがでしょうか?

サーモン調査捕獲フィッシングレポート in 石川県 手取川

サーモン調査捕獲フィッシングレポート in 石川県 手取川

サーモン調査捕獲での使用タックル

ロッド:メガバス シルバーシャドウ パンゲア SP-100ML
リール:メガバス ガウス20X
ヒットルアー:メガバス ビアンカ オイカワカラー(これにピンクのタコベイト付きフックに交換)
ライン:ラパラ ラピノヴァX・マルチゲーム 1.2号 
   RAPINOVAフロロカーボンショックリーダー 20lb/5.0号

メガバス(Megabass) リール GAUS 20X
メガバス(Megabass) リール GAUS 20X
ガウスは、見た目のコンパクトな風貌からは想像できない強靭さと、これまでの基準を覆すハイパワーをスモールボディで発揮する、新世代のスピニングマシンとして開発されています。
Amazonで購入