宇和島・大浜漁港でファミリーフィッシング【飛利浦氏連載 vol.5】 | カンパリプラス

掲載日: 2018/11/14

宇和島・大浜漁港でファミリーフィッシング【飛利浦氏連載 vol.5】

津島町・大浜漁港へ家族で釣りに行ってきました

こんにちは。飛利浦です。
10月末に宇和島市津島町の大浜漁港へ家族で釣りに出かけました。
この港もファミリーフィッシングが楽しめる港で、昨秋に35センチのグレと70尾を超える小アジを釣り上げた思い出の釣り場です。

大浜漁港は岩松川にかかる国道の橋の北側から南レク公園方面に向かう道をずっと西へ進むとたどり着きます。
国道橋の南岸のたもとにはコンビニと釣具店があります。

愛媛県宇和島市津島町大浜漁港でのファミリーフィッシング

愛媛県宇和島市津島町大浜漁港でのファミリーフィッシング

港にはトイレと飲料自販機さらには公衆電話があります。
駐車スペースは広く困ることはありません。

愛媛県宇和島市津島町大浜漁港でのファミリーフィッシング

愛媛県宇和島市津島町大浜漁港でのファミリーフィッシング

港は両サイドから堤が伸びていて南堤と北堤どちらも釣り人が絶えません。
港内内向きは足場が広く、アジやグレ、カワハギが狙えます。
港の外向きは真鯛や青物、アオリイカを狙う人が多いようです。
南堤の角部分には墨跡がたくさん残されていました。
堤防外向きは大人が両手足を使ってやっと這い上がれる高さがあり、足場も狭目なので風が吹いている時は子供には危険かなと思われます。

愛媛県宇和島市津島町大浜漁港でのファミリーフィッシング

内外両方とも堤防間際はネンブツダイとウリボウのパラダイスです。
港の外向きを眺めると、無数の養殖生簀の向こうに日振島や御五神島が見えます。

釣行当日の様子

釣行当日は満潮を少し過ぎた午前10時から釣りを始め、15時の干潮を挟んで日没直前の17時頃に釣りを終えました。
潮が動くことを期待しつつ中潮のなか突撃しましたが、潮はあまり動かず最終的な釣果も思ったほど良くはありませんでした。

子供用のタックルは、最近多用していた延べ竿を封印して、久しぶりに短竿に小型リールとしました。
1号の棒ウキで1号の錘をつけた小型天秤を吊り、天秤から市販のかご釣り用の仕掛けを這わせました。
ネンブツダイの猛攻を1号錘で突き抜けて大物を釣り上げる作戦でした。
私は1.5号の磯竿とキザクラ17GTRウキ0号を使用して全誘導でグレを狙いました。

撒き餌は生オキアミとボイルオキアミを3キロずつ、グレパワーV9を3キロと、ペレット餌一袋を混ぜて使用しました。
私が撒き餌を担当し魚を寄せて、グレの捕食が見え始めたところで子供に仕掛けを投入してもらい釣りをしました。
が、釣れません。
最終的にグレと小アジを釣りましたが、大浜漁港のポテンシャルを引き出すことなく終わってしまいました。

4歳児は14時に、6歳児は16時に飽きて駐車場へ帰って行きました。
餌つけはできるものの仕掛けの工夫まではできない子供にとって、長い間釣れない釣りは楽しめなかったと思います。
ハリスが短く鈎が大きかったのも釣果に影響したかなと反省しています。
それと、かつて同漁港で良く釣れた日と比較して、港内の潮の流れが緩やかだった気がします。

愛媛県宇和 島市津島町大浜漁港でのファミリーフィッシング

愛媛県宇和島市津島町大浜漁港でのファミリーフィッシング

当日一番の25センチのグレは潮止まり前の午後2時に釣れました。
20~25センチのグレ11匹(ブクブクの泡で見づらくすみません)を釣って納竿し、道の駅「津島やすらぎの里」に寄って夕食をいただき施設内の温泉に浸かって家路に着きました。

愛媛県宇和 島市津島町大浜漁港でのファミリーフィッシング