ケミホタルの装着は大きな武器に★ルミカ(LUMICA)メタルジャッカー新色インプレッション | カンパリプラス

掲載日: 2018/11/12

ケミホタルの装着は大きな武器に★ルミカ(LUMICA)メタルジャッカー新色インプレッション

ルミカ(LUMICA) Xtradaメタルジャッカー新色 流離のアジンガー様よりモニターレポート

釣り場には朝5時頃に入りました。
大体地元の餌師がいる場所に誰も居らず些か不安を覚えましたが、その場所からスタートしました。

ジグはメタルジャッカー40g「キビナゴ」カラー、ケミホタル25は緑をセットしました。
朝まずめなのでタチウオも表層付近まで浮いて来て、岸に寄っているだろうと思い、フルキャストせずに表層中心にゆっくりとした誘いをしましたが、反応はなく。
今度はフルキャストしてジグをボトムにつけてから誘おうとキャストして、フォール中にアタリがあり、即合わせすると大きくはないですがタチウオが釣れました。

LUMICAメタルジャッカー新色

その後、ファーストフォール以外にもフォールで誘っているとボトム付近でタチウオがヒットしました。

LUMICAメタルジャッカー新色

ジグの変えたりしましたがタチウオを追加することは出来ず、段々と明るくなってきたので、再びメタルジャッカー40gに戻し、今度はケミホタル25赤をセットしました。
タチウオのアタリがありませんので、フルキャスト後、大きく5回ほどしゃくりフォールを長くとっていると中層より少しボトムでアタリ、乗りましたが引きも強くなく、エソかなと思っていると、まさかの27cmマルアジでした。
その後、同様の誘いで同じサイズを1尾追加して納竿しました。

LUMICAメタルジャッカー新色

ルミカ(LUMICA)メタルジャッカーの感想

重心バランスも安定していて竿の振り抜けもよく、飛距離も出ます。
そして、何よりラトルやケミホタル25を装着できることはほかのジグにはない武器だと思いました。

今までは夜間にショアジギングをする場合、グロー系のジグを蓄光ライトで照らしやっていましたが蓄光の持続時間があまりなく、数投ごとにライトで照らすのはかなりの手間でしたが、ケミホタル25は1度装着すれば、1-2時間は使用できました。
ただ、しっかりと装着しないと外れてしまうので装着時は注意が必要です。

Xtrade メタルジャッカー 40g キビナゴ
Xtrade メタルジャッカー 40g キビナゴ
フォールではヒラヒラと舞いながらスローフォール。タダ巻き~スロージャークでテールスライドしながらヒラ打ちアクション。ハイピッチでは鋭いダート&ヒラ打ちでラトルを響かせながらターゲットに猛アピール!!
amazonで購入 Ritzで購入
ルミカ	ケミホタル 25(5個セット)
ルミカ ケミホタル 25(5個セット)
いろいろな使い方ができる小型の発光体。
Ritzで購入