鳴門の漁港へアオリイカエギング釣行【ゲソの天ぷら氏連載 vol.2】 | カンパリプラス

掲載日: 2018/09/21

鳴門の漁港へアオリイカエギング釣行【ゲソの天ぷら氏連載 vol.2】

鳴門の漁港へアオリイカエギング釣行

9月8日、鳴門の某漁港でアオリイカ行ってきました。

8月は、数回アジや太刀魚を釣りに出掛けましたが、投稿できるような釣果はなかったです。
太刀魚は1匹も釣れていません(笑い)。
元々餌釣りメインでしたが、ここ最近はルアー釣りも少しずつ覚えてチャレンジしています。

今回の釣行は、大好きなアオリイカに行ってきました。
まだまだサイズは小さいですが、今シーズン初の釣行で顔が見られたことに満足しております。

時間帯は、AM11時~PM16時迄。天候は、雨(ゲリラ豪雨)です。
アオリイカは塩分濃度の低下や濁りを嫌うとされているので、ポイントは周りに河川がなく外海に面した場所に行きました。

鳴門の漁港へアオリイカエギング釣行

1匹目を確保したのは、13時30分頃でした。
移動して1投目のフォール中に来ました。
最悪なことに、私が竿を足に挟んでエギポーチのエギを見ているときに当たりました。
慌てて竿を握りしめ寄せてくると、小ぶりですが、イカ独特引きで上げてみると手のひら程のアオリイカでした。
何箇所か移動してイカの気配すらなかったので諦めていたときに釣れたので嬉しさ倍増です。
それから、5匹目までは湾内で釣れました。

鳴門の漁港へアオリイカエギング釣行

巻いてきたエギの後ろを見ると多いときで5匹くらいついてきていました。
足元で遊んでいると3号エギでは大きいのか抱きつこうとして諦めての繰り返しでした。
2.5号のエギがあったので投げると釣れましたが、持ち帰れるサイズではなかったのでリリースしました。
ポツポツ釣れていましたが、1時間くらいするとスレたのかエギに寄ってこなくなりました。

湾の外側で今日イチのアオリイカをゲット

湾の外側でナブラらしき光景が見えたので慌てて、タックルをエギからメタルマルに変えて投げましたが釣れませんでした。
1時間くらいあちらこちらでナブラしていて漁師の方も船でナブラ付近で漁をしている感じでしたが、魚種は確認できませんでした。
根魚(ジグヘッド)もチャレンジしましたが、1回当たりがあっただけで釣れませんでした。
帰る前に湾の外側で今日イチのアオリGETしました。

鳴門の漁港へアオリイカエギング釣行

今回釣れたエギは、3号のブルー系と2.5号のイエロー系です。
他のカラーや100均エギも使いましたが、当たりはなかったです。

型は今ひとつですが、アオリイカシーズンがそろそろ始まりそうですね。
ハイシーズンの鳴門は、平日でも人で溢れるので、土曜しか行けない私は苦労しますが、これからはイカメインで投稿していきます。

県南でアオリの情報が入れば、ヤエンの投稿もしていきます。
エギはお手軽で楽しいですが、ヤエンの魅力に取り憑かれています(笑い)。

これからも投稿続けていきますので宜しくお願い致します。