岡山 手軽に誰でも簡単に☆釣りガールとサヨリ釣り【サンダーバース氏連載 vol.3】 | カンパリプラス

掲載日: 2018/09/06

岡山 手軽に誰でも簡単に☆釣りガールとサヨリ釣り【サンダーバース氏連載 vol.3】

釣りガールとサヨリ釣り♪ タックルと仕掛け、エサは?

釣りガールとサヨリ釣り

こんにちは、岡山の橋本です。

今回も手軽に誰でも簡単に釣りをしようと、釣りガールを連れてサヨリ釣りに行きました。

ここ最近どこの海に行ってもとても多く回遊しているサヨリ。
地域によりサイズがバラバラですが、10cm~15cmが主で20cmクラスはたまに来る程度。
場所は潮通しの良いところ、湾内と様々です。

竿は、専用の物はいりません。のべ竿、ルアー竿、何でも良いですよ!
ただし、5m越える長い竿や重たい竿は取り回しにくいのでオススメしません。

しかけはサヨリ仕掛け。
他の仕掛け(浮き)でも代用出来ますが、サヨリの3個4個ついた独特な浮きが見やすいです。
飛ばして沖のサヨリを釣る場合は、メバリングやアジングのロッドにメバリングで使う飛ばし浮きを用いるとライトタックルでやり易いです。
またロッドが柔らかいので魚の引きも楽しめます。
サヨリの口は小さくまた口周りは固いので、針は専用の物が針がかり良いです。

餌はオキアミの冷凍ブロック。
まだサイズが小さいので解凍したオキアミを針につけるのがオススメ!
ワームだと、パワーイソメなど石ゴカイワームの細いサイズ。
カラーは何でも良いです!オススメは赤系です。

ポイントに着いたらまずは撒き餌を

ポイントに到着し、まず行う事は、オキアミを解凍して撒き餌をすることです。

勿体がらずに撒きましょう。

大量に撒き過ぎる必要は無く、3~5回撒くと、とりあえずはオッケーです。
ここでポイントなのが海がどちら側へ流れているか、、
左へ流れてる場合は撒き餌は右へ向かって撒いて下さい。
その逆もしかり。
撒き餌は流れの下へ向かって流されて行くので、周りに釣り人がいるとその人の為に撒き餌をしている事になり、隣の人ばかり釣れてる!!!
そんな事態になります(笑)

撒き餌の臭いなどを嗅ぎ付けサヨリが寄ってきたら釣りスタートです。
針に解凍したオキアミを1匹取り(非常に小さいので針につけにくいです)。
多少てきとうでも全然大丈夫です!
撒き餌に群がったサヨリのとこへ投げますとすぐ釣れます!
サヨリは餌を食っても下に潜らず横へ泳いでます。
そのためサヨリ用の浮きが有効で食ってくると浮きが横へ走ります。
針掛かりしたらすぐ上げて下さい(細長い魚なので暴れてよく仕掛けがぐちゃぐちゃになる事があります)。

サヨリは水面直下を泳ぐので群れが回ってきたらすぐ見えますので、魚を見ながら釣れます。
非常に楽しく夢中になります。
また手軽に出来るのでファミリー向け初心者向けになります。

今回の釣行では2時間で60匹釣れました(^^)

釣れたサヨリをエサにさらなる大型魚やアナゴ、ヒイカ釣りなども!

大量に釣れたサヨリは天ぷらにしても最高に美味しいですが、実はサヨリはシーバスや大型魚の餌になります。
秋になると夜にシーバスの群れが湾内でサヨリを荒食いしますので、釣りたてのサヨリを生きたまま飲ませ釣りにするとさらに大型魚が来ますよ~!
また、今の時期だと穴子釣りにも餌として良いかもしれませんね(^_^)

釣りガールとサヨリ釣り

私は大量に釣れたサヨリを餌にヒイカ釣りをしています。

日中家族を連れて手軽にサヨリ釣り
夜はサヨリを餌にガチンコシーバス釣り、酒のつまみに穴子釣りヒイカ釣りへ行ってみてはいかがでしょうか\(^_^)/