ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】 | カンパリプラス

掲載日: 2018/07/01

ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

徳島県阿南市の辰巳周辺ではこの時期ショアからブリ・メジロが!

例年水温が上がりだすこの時期になると徳島県の阿南市にある辰巳周辺でショアからブリやメジロが釣れだします。
ベイトのイワシ、小サバ、小アジ等が入ってくるのに付いて回遊してきますが、釣れる時期は5月から7月で、その年によって回遊してくるタイミングは前後します。
一昨年は7月の初めにブリ。
昨年は6月の10日前後にメジロ。
今年は5月の後半からブリがポツポツと釣れだしましたが、回遊してくる時間がバラバラで絞れないようなので、私自身も仕事に行く前や仕事が早く終わった時など、釣りに行ける時間があればマメに通いました。
使用するタックルはショアジギ用であれば大丈夫ですが、釣り人が多いので周りに迷惑を掛けずに済むような出来るだけヘビーなタックルが望ましいと思います。
私の場合は100gまでキャストできるHクラスのロッド、リールはシマノの6000番、ラインはPEの3号、リーダーは50lbを使用しました。

ショアジギングでブリ・メジロ 実釣其の一

5月29日(火)場所取りのため朝早くからエントリー。
明るくなって来る4時半頃に、まずは裂波120からスタート。
ブリ狙いでシーバス用の裂波で大丈夫か?と思うでしょうがスプリットリングは#4に、フックはカルティバのSTX-58の#4に変更してありますので、相手がブリでも何とか大丈夫です。
5時頃になり、何か海の雰囲気が変わった気がして釣れそうな気配がしてきます。
キャストし、ゆっくり目のストップ&ゴーを繰り返していると、かなり手前でドスンとバイト。
来たー!
ドラグはかなりキツめに設定してますが、ファーストランで5mくらいしか走らんのでメジロかな? とか思ったり、頭をブンブン振るんでサワラ? とか考えてたらエラ洗いのような暴れ方もしたんで、デカいシーバスか? いやいややっぱり青物でしょ(笑)
ファーストラン以降はドラグもほぼ出ませんし、ロッドがのされることもないんで、アッと言う間に寄ってきます。
寄せてきた魚を見ると引きの割にそこそこデカい。メジロ、いやブリか?
口元をを確認するとガッツリとルアーを咥えてハーモニカ状態(笑)これやから引かんかったんかなー。
かなりもたつきながら初の一人ギャフ掛け成功。
取ったどー! 取り敢えず魚を確認。

ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

ガッポリとハーモニカ喰い。
ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

久し振りの青物はブリなのかメジロなのか微妙なサイズの87cm
ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

重さは6.5kgでした。
ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

ショアジギングでブリ・メジロ 実釣其の二

5月31日(木)この日も暗い時間からエントリー。
4時半頃に裂波からスタート。
明るくなってきた頃に、弾かれるようなバイトがあったものの残念ながらフックアップせず…ルアーのサイズや色が合っていないのか?
ショアラインシャイナーに変更するもバイト無し。
その後もサージャー、オシアペンシルなんかも試すがバイト無し。
思いきって小さいルアーと思ってベビーロウディのフルメッキに変更。
これもスプリットリングとフックは変更してあります。
その1投目、やっぱり飛ばんなーとか思いながら、タダ巻きしてたら、かなり手前でドスン。
来たー!キツめのドラグが一瞬ジャーっと出る。
前回の魚よりは引く感じで、何度かドラグが出ます。
といっても、割とスグに寄せて来れたんですが、この日はギャフが無いので(前回シャフトが折れた)一人でハンドランディング!
しかしこれが難しくて、なかなかリーダーが掴めませんでしたが、何とかテトラの隙間にズリ上げ。
取り敢えず尻尾を持って魚を堤防に上げて。取ったどー!

ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

魚を計測、84cm。
ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

5.3kg。
ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

またしてもブリかメジロか微妙なサイズ(笑)

ショアジギングでブリ・メジロ 実釣其の三

6月2日(土)この日も暗い時間からエントリー。
薄明るくなって来る頃からスタートしますが、何を投げてもバイト無し…
諦めかけた5時半頃に、お隣さんがジグを回収するのに表層をパシャパシャ早巻きしてたら、かなりデカいサイズの魚がチェイスしてきたらしい。
ということはトップ系のルアーが良いのか? ということでルアーケースを探すとトップ系のルアーが1個だけ入ってました。
シマノのロックポップ90。
今までこのルアーで釣れたことが無いので半信半疑でしたが、交換してからの2投目で水面炸裂の強烈なバイト!
それも結構手前で喰ってきました。
前回、前々回と同じくらいにドラグは強めに設定してましたが、ファーストランがなかなか止まりません。
メータークラスのブリか?
何とか止まったものの底に向かって引っ張られるので、なかなか主導権を握らせてくれません。
この日は潮位が高く堤防の下のテトラに降りれないので、テトラでの根ズレが怖い。
また運悪くかなり手前でのバイトだったのと底に向かって引っ張られるので、やばいかも。
すぐにドラグを締めて対応しましたが、時すでに遅し…テトラに擦ってる感触が伝わってきます。
なすすべも無くラインがプツン…回収するとリーダーではなくPEが切れてました(泣)
気持ち良いくらいの完敗でしたね。

この前日にも知り合いが2名、どうすることも出来ずに根ズレでバラしたのですが、数日後には105cmのブリが上がったと聞きました。
ショアからメーターオーバーの魚が釣れるフィールドって、そんなに無いと思いますが、この時期の辰巳周辺では
本当に夢のある魚が回遊してきます。

ショアジギングでブリ・メジロ、4月にはサワラ107cmの実績も!

メーターオーバーといえば私自身この辰巳で今年の4月中旬に107cmのサワラも釣り上げています。

ショアジギング好シーズン!徳島県からブリ・メジロレポート【ハル氏連載 vol.1】

一昨年のことを考えると7月上旬までブリの可能性はありますので、この記事をご覧になられた方は、通ってみてはいかがでしょうか。
また、これからはタチウオも釣れだします。
例年、釣れ始めの頃は指4本5本のデカいサイズが釣れますので、ショアジギタックルじゃないと重くて上げられない場合もあります。
それなりのタックルを持って行ってみて下さい。

アムズデザイン(ima) ミノー サスケ 裂波 120mm 17g ボラ #RP217 ルアー
アムズデザイン(ima) ミノー サスケ 裂波 120mm 17g ボラ #RP217 ルアー
汎用性はすさまじく、シーバス、フラットフィッシュ、青物等々にとどまらず、淡水、海水でもあらゆる魚種を釣りまくるモンスタールアー。
Amazonで購入
シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 バイオマスタ-SW 6000HG
シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 バイオマスタ-SW 6000HG
ステラ譲りのX-SHIP搭載で、ギア部のパワー伝達効率を向上させ、力強い巻上げを可能にしています。
Amazonで購入