フィッシングショー 大阪 2018 2018年2月3日(土)・4日(日)はインテックス大阪へGO!! | カンパリプラス

掲載日: 2017/12/13

フィッシングショー 大阪 2018 2018年2月3日(土)・4日(日)はインテックス大阪へGO!!

フィッシングショー 大阪 2018 ★2月3日(土)・4日(日)インテックス大阪にて開催★

フィッシングショー 大阪 2018の日程が近づいてきています!

新製品を実際に手に取って見ることができるフィッシングショーは釣り人の皆様にとってワクワクな毎年楽しみにしているイベントですよね。

2018年2月3日(土)・4日(日)に開催されるフィッシングショー OSAKA 2018は、過去最大の出展者数と、広い会場でさまざまなイベントを準備して皆様のご来場をお待ちしています。

釣りを始めたばかりで、もしまだフィッシングショーへ行ったことのない方がいらっしゃったら是非行ってみてください。

そこで、今回はフィッシングショー大阪の予行演習ということで、インテックス大阪を訪れる4人家族のお出掛けの様子を見ながら【フィッシングショー OSAKA 2018 】を一緒に疑似体験していきましょう。

フィッシングショー 大阪 2018ポスター

フィッシングショー大阪 2018はベテランから初心者、大人から子どもまで、家族みんなで楽しめます!

フィッシングショー大阪 2018はベテランアングラーから初心者、家族みんなで楽しめます!

毎年お友達とフィッシングショーに行くお父さんですが、例年沢山の家族連れも目にします。

最近一人でルアーを付けられるようになった4年生の息子のカンパチくんは釣具屋さんのポスターを見てからお父さんと一緒に行きたがっています。下の娘のシオちゃんも4月からは幼稚園に行く年齢になったので、今年こそは家族で訪れようとお母さんを誘ってみました。

「釣りに行くのは楽しいけど、一日中釣具を見ていても、子どもたちも私も飽きてしまうんじゃない?」

「そんな心配はいらないよ。フィッシングショー OSAKA 2018のサイトを見ると、こどもお祭り広場ジュニア&レディース体験マス釣りなんかもあるんだって。無料で参加できるスタンプラリーは毎年会場を回ってスタンプを探す子どもたちの姿をたくさん見るから、うちの子どもたちもきっと楽しめるよ。」

「それなら今年は家族みんなで行ってみよう! マグロ解体ショーも見てみたいな〜。」

フィッシングショー大阪のお得な前売り券はお近くの釣具屋さんかコンビニで購入可能

家族みんなで行けることになってカンパチくんは大喜び。

お父さんはさっそく近所の釣具屋さんで前売り券を購入します。

一般当日券1400円(税込)のところ、前売は1200円(税込)。中学生以下は入場料無料です。

お得な前売入場券はお近くの釣具屋さんやコンビニで購入可能

フィッシングショー大阪会場周辺駐車場は混雑するので電車等のご利用をおすすめします

フィッシングショー 大阪 2018当日は少し早起きして地下鉄に乗って行きます。

大阪市営地下鉄で「コスモスクエア駅」に到着しました。

フィッシングショー開催当日はコスモスクエア駅からインテックス大阪西口・ロータリーまでシャトルバスが8時から15分間隔で運行されます。

フィッシングショー 大阪 2018

コスモスクエアから南港ポートタウン線に乗り換えて最寄りの「中ふ頭駅」まで行って、そこからインテックス大阪まで歩くこともできますが、広い会場の中でたくさん歩くので、今回はコスモスクエア駅から100円で乗ることができるシャトルバスを利用してみることにしました。

フィッシングショー OSAKA 2018 開場時間は3日4日ともに9:00〜17:00

フィッシングショー OSAKA 2018会場のインテックス大阪に着くとすでに沢山の人が開場を待っています。

まずは4号館入口にてジュニア&レディース体験マス釣りの整理券をゲット。9時の開場を待ちます。

開場したらまず整理券を持って4号館へ行き、マス釣り体験参加券を購入しておきます。

それとカンパチくんとお父さんで参加する体験仕掛&釣り方教室の申し込みも先着順なので忘れずに!

さて、マス釣り体験の時間までは時間があります。

さっそく新製品の説明を聞きにいきましょう♪

フィッシングショー 大阪 2018は過去最大の出展者数!

フィッシングショー OSAKA 大阪は会場が広くブース数も多いので会場マップを見ながらお目当てのメーカーブースを目指します。

フィッシングショーは、年々進化する釣り用品、楽しい釣りができる新たなアイデア釣具などを釣りファンに向けて発表する場として、181の国内外から過去最大の出展者が一堂に会します。

フィッシングショー 大阪 2018【6号館Aゾーン】

お父さんは新製品や釣り談義でブースの方とすっかり話し込んでいます。

そのブースの横の柱のあたりにカンパチくんがお魚のスタンプを発見!

子どもたちは入り口でもらったスタンプラリーの台紙にさっそくスタンプを押します♪

まだまだ新製品を食い入るように見ているお父さんとはしばらく別行動で、ここの会場内のスタンプを探しにお母さんと子どもたちは探検に出掛けることにします。

一生懸命スタンプを探し回っているうちに、お父さんから連絡がきて、次の開場へ移動することになりました。

次も頑張ってスタンプ見付ける!と張り切る子どもたちです。

フィッシングショー OSAKA 2018【6号館Bゾーン】
フィッシングショー OSAKA 2018【3号館】

6号館Aゾーン、6号館Bゾーンを回って、3号館でも全てスタンプを押せた頃、マス釣り体験の時間が近づいてきました。みんなで4号館へ移動します。

フィッシングショー OSAKA 2018【4号館】

フィッシングショー 大阪 2018はマス釣り体験、体験仕掛&釣り方教室の他にも、お楽しみ大抽選会、子どもお祭り広場、トリックアートなど楽しみいっぱい!

フィッシングショー 大阪 2018 の4号館では抽選券付き手提げ袋(500円)が購入できます。

カンパチくんがみんなが持っているフィッシングショーの紙袋を指さして、「あの釣りの絵が描いてある袋が欲しいよー」というので購入することにしました。

お父さんがブースでもらったパンフレットなどもカバンでは納まりきらなくなってきていたころでもあります。

フィッシングショー OSAKA 2018お楽しみ大抽選会

1枚購入で、お楽しみ大抽選会のくじが1回引けるので、シオちゃんがガラガラにチャレンジ。

なんと欲しかった電気ケトルが当たりました! お母さんも子どもたちも大喜び。

その後、一番楽しみにしていたマス釣り体験もできて大満足です。

お昼も過ぎてお腹も空いてきたので、まんぷく屋台村でお昼ご飯を食べました。

お腹もいっぱいになった頃、体験仕掛&釣り方教室の時間です。

カンパチくんとお父さんはバスフィッシングに申し込んでいますが、他にも磯釣り、船釣り、エギングなどなど、釣りの教室がたくさんありますよ。

フィッシングショー 大阪 2018

カンパチくんたちが釣り方教室に参加している間に、シオちゃんとお母さんはこどもお祭り広場の輪投げで遊びました。

フィッシングショー 大阪 2018体験仕掛&釣り方教室

あとは4号館の残りのスタンプを見付けて景品をもらおう、と周りをみるとたくさん人が集まって写真を撮っているところがあります。

今回初の企画として釣りシーンなどのトリックアートが準備されていました。

カンパチくんもさっそくチャレンジ。

「うわー、お魚が飛び出しているみたいに見える〜!」

お母さんは子どもたちの写真をさっそくインスタにアップしました♪

家族で写真を撮った後、お父さんは特設ステージでのフィッシングスクールで、有名アングラーのトークステージに耳を傾けます。

フィッシングショー OSAKA 2018フィッシングスクール

「十分満喫したからそろそろ帰ろうか」とお父さん。

「ちょっとまって、コレ持ってきたの」とお母さん。

お母さんが取り出したのは、お父さんとカンパチくんの救命胴衣でした。

6号館Aゾーンでは救命胴衣無料点検が実施されているのをサイトをチェックして知っていたお母さんです。

「お父さんとカンパチくんに安全に釣りを楽しんで欲しいからね!」

救命胴衣を持って行った6号館でお父さんは最後にもう一度気になる新製品をチェック。

また来年もみんなで来ようね、と話しながら帰路につきました。

もちろん帰りも、インテックス大阪からコスモスクエア駅までバスの運行があるので、そちらを利用して帰りました。

フィッシングショー 大阪 2018 みんなが楽しめる釣り人の祭典に是非お越し下さい!

家族で訪れるフィッシングショーが予行演習できたでしょうか?

フィッシングショー 大阪 2018 を隅々まで楽しんだカンパチくん一家のお出かけでしたが、まわりきれなかったところもまだまだあります。

今回はお父さんがお母さんに遠慮して(?)いけなかった釣具の即売会も毎年大盛況です。

フィッシングショー 大阪 2018釣具の即売会

皆さんもフィッシングショー OSAKA 2018のサイトを事前にチェックして、本番のイベント当日は釣り人の祭典を隅々まで楽しんで下さいね!

 

そして、今後はフィッシングショーOSAKAのFacebookのチェックもお忘れなく!

出展メーカーの詳細情報もイベントが近づくにつれて続々掲載されていきますよ。


※この家族のお出かけはフィクションですが、フィッシングショー 大阪 2018 の日程や企画は全て実際に予定されているものです。

※写真はフィッシングショー OSAKA 2017の様子。出典:フィッシングショー OSAKAのサイトおよびFacebook