ショアジ ギングレポート メタルジャッカーで狙い続けた青物を!!(^з^)-☆!【ルミカ メタルジャッカー】 | カンパリプラス

掲載日: 2017/12/06

ショアジ ギングレポート メタルジャッカーで狙い続けた青物を!!(^з^)-☆!【ルミカ メタルジャッカー】

ルミカ メタルジャッカー【ショアジギング モニターレポート コーキ様より】

メタルジャッカーでメッキ

「覇王翔吼拳を使わざるを得ない・・・・!」

というのと同じで、年中メタルジグ買ってる私からすると、「メタルジャッカー」は買わざるを得ません。龍虎の拳ほとんどやってませんけど。

メタルジャッカーにはケミホタルが装着できる!

前からケミホタルをセットできるルアーはありましたが、そういえば「メタルジグ」に装着できるものを知らないのです。

釣りに行けば9割方メタルジグを投げる僕は、夜になるとメタルジグではあまり釣れなくなるので、暗くなったら帰ることがほとんど。

主に太刀魚を狙う事になりますが、ジグヘッド+ワームはどうしてもフッキングが難しい時が多い上、飛距離の問題がありました。
となるとワインドになるのですが、ワインドはダートを多用する釣りなので、どうしてもワームへのダメージがあり、ワームに刺しているフックが抜けやすくなったりして、毎度セットが面倒くさい、とかそういう問題がある。

そこでメタルジグ。
メタルジグであれば、飛距離抜群、フッキングも良い。
問題があるとすると、太刀魚はタナが重要なので、沈むのが速いメタルジグでは狙ったタナをキープするのが難しい、という点、スローな動きが難しい、という点があります。

なのでワインド等と併用していく事になると思いますが、20g程度のジグであればワインドロッドでも投げられるので、一つあると太刀魚が遠くを泳いでいる場合に大活躍しそうです。

さらにこのメタルジャッカーにはもう一つ使い方があり、ケミホタルではなくラトルを入れることで「音を出せる」という点です。

魚を音で誘うためにラトルが入っているミノーなどは結構ありますが、メタルジグにはこれまで無かった概念です。
メタルジグが波動を起こす事はあっても、「音」を鳴らすことは無かったので、それが魚を誘うきっかけになります。

メタルジャッカーで狙い続けた青物をついに!!

結果…私は太刀魚を釣ることはできませんでしたが

四年前から狙い続けた青物をこのジグで釣ることができました!!(^з^)-☆!

メタルジャッカーで青物キャッチの夢を叶えました

学生の頃からルアーを始め……

四年前横で釣りをしている人が青物を釣ってる姿を見て

自分も釣りたい!

その快感を体験したい!

それを追ってやっとのことで

メタルジャッカーさんのお陰で

四年越しの夢が叶いました!!

夢を叶えたい方には、私はまず「メタルジャッカー」を使うことをお勧めします。

理由としては上に記載していることと同じですが!

他のメタルジグにはない「音と光」で魚を誘う装備があるからです。

早朝はケミホタルを装着

日中はラトルで!

と、2つの装備を兼ね備えた最強ルアーだからです!

メタルジャッカーのケミホタル脱落防止のアイディア☆

少し話は変わりますが…

夜釣りでは中々の釣果を出してくれてれるルアーですがキャストして水面についた衝撃等で外れることが多々あります。
個体差があるのか、嵌め込み具合が緩いものと硬いものがあるみたいです。

お勧めはケミホタルを装着したら、ケミホタルに付属されている透明のテープでケミホタルの部分を一周巻いて、脱落防止処理をして使うと全く落ちませんでした。

皆さんも是非試してください!!

また「ジグの腹の部分」にフックが付けられます。

太刀魚は下から食い上げる感じで食ってきますので、フックが下にあったほうがフッキングが良いわけです。

これはメタルジグではあまり無かった形状ですね。

太刀魚はまだ釣ることができてませんが…泣

また、ここでしかいえませんが

僕はケミホタルは、赤がおススメです。

勝負の赤です(^^)

ルミカ Xtrada METAL JACKER
ルミカ Xtrada METAL JACKER
音と光でアピールできるケミホタル、ラトルスティック専用スリットを装備した今までになかったショア用メタルジグ
amazonで購入 Ritzで購入