メタルジグの飛距離と発光体のアピール力がタチウオに有効!【ルミカ エクストラーダ メタルジャッカーショアジギングレポート】 | カンパリプラス

掲載日: 2017/11/27

メタルジグの飛距離と発光体のアピール力がタチウオに有効!【ルミカ エクストラーダ メタルジャッカーショアジギングレポート】

ライザー様より【ルミカ Xtrada METAL JACKER(エクストラーダ メタルジャッカー)】のモニターレポート

今回カンパリさんでモニター企画に当選しましたのでルミカ『メタルジャッカー』についてレビューしてみたいと思います!

ケミホタルを装着したメタルジャッカーでタチウオ

まず商品についてですが、カラーリングがとても綺麗な印象です!
メタルジグ特有のホログラムはもちろんですが、パールの様な細かいラメも使用されており、虹色の様なキラメキがあるので他とは違うフラッシング効果もあるのではないでしょうか!
また標準でアシストフックとトレブルフックも装備されていて、このまま釣り場ですぐ使える仕様なので嬉しいですね!

そして気になるラトルホールド部分!
使用中に脱落してしまわないのか?
反対にケミホタルに交換する際に取れにくいのではないか?
という疑問があったんですが、実際に触ってみると特にペンチなどの工具も必要なく、背側から押してやると簡単に取り外しができて、なおかつ釣行の際も遠投キャスト、早巻き、ジャーク、バイトなど酷使しても外れる事はなかったのでよく出来ているなと感心してしまいました!

秋の大阪湾はどこもかしこもタチウオハンターばかり! メタルジグの飛距離と発光体のアピール力がアドバンテージに

私は大阪在住でメインフィールドは大阪南港!
関西は特にですが秋のシーズンはどこもかしこもタチウオハンターばかり!

そして今年は度重なる巨大台風と大雨によるタフコンディション。
実釣ではそんな激戦区大阪湾でタチウオ狙いに挑んできました!
シーズン中何度か釣行へ行ってますが、エサ釣り等を除くタチウオ狙いの方は、ほぼほぼワインドばかりです。
その中でいかにより良い釣果を出すか。

今回アドバンテージに感じたのはメタルジグならではの飛距離!
ワインドでは届かないエリアへ飛ばし、まだスレていないフレッシュな魚へとアプローチが出来ます!
独り占めで一網打尽です!
よって数釣りに繋がり岸からの釣りには非常に重要なキーポイントだと思いました!
そしてメタルジャッカーの場合それらのメリットのみではなくケミホタルを装着できる事!
発光するルアーへ非常に反応するタチウオには大きなアピールとなります!

朝まずめの日が昇りはじめる薄暗い時間帯にケミホタルが有効でした

今回良く釣れたのが、朝まずめの日が昇りはじめる薄暗い時間帯。
その薄暗い状態で沖から入ってくる第一陣のタチウオの群れを狙いケミホタル入りのメタルジャッカーを遠投!
水面下1m以内でタダ巻きすればあとはメタルジャッカーが仕事をしてくれてイージーに釣れちゃいます!

ケミホタル入りメタルジャッカーでキャッチしたタチウオ

ケミホタルを入れるとジグのひらめきにより明滅効果ができ、まるで点滅ライトのようにチカチカアピールします!
このアピールはどんな他のルアーにもないアピールだと思います!
タダ巻きのスイミング、ジャーク、フォール、
どのアクションでも釣れてバランスの良いジグだと思います!
今度はオフショア用のメタルジャッカーを試したくなりました!笑

ルミカさん、カンパリさん
今回はモニター企画に参加させて頂きましてありがとうございました!

ルミカ Xtrada METAL JACKER
ルミカ Xtrada METAL JACKER
音と光でアピールできるケミホタル、ラトルスティック専用スリットを装備した今までになかったショア用メタルジグ
amazonで購入 Ritzで購入